読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[棋聖戦コラム]検討陣をうならせた井山棋聖「令和の三妙手」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎県西海市で今月5、6日に行われた第45期棋聖戦七番勝負第3局。井山裕太棋聖の106手目を見た控室の面々から驚きの声が上がった。

 「えぇっ?!」

棋聖戦第3局で初手を打つ河野臨九段(左)と井山裕太棋聖(2月5日午前9時、長崎県西海市の「オリーブベイホテル」で)=若杉和希撮影
棋聖戦第3局で初手を打つ河野臨九段(左)と井山裕太棋聖(2月5日午前9時、長崎県西海市の「オリーブベイホテル」で)=若杉和希撮影

 図1の白1である。Aと出られたらどうするのか。白1と白△の一団は「裂かれ形」。一体何を狙っているのか。棋士たち全員、まるっきり予想もしていなかった一手だったのだ。

図1
図1

 何手か進んで112手目。井山棋聖は図2の白1と打った。

 「へえー」

 検討していた棋士たちみんな、「意外」という顔。右上隅の白3子は捨てたとばかり思っており、これを再活用しようという考えがなかったからだ。

図2
図2

 「手順を変えてみると、白1とコスんで黒△と抑えさせた後に、白△とツケたことになる」と、ネット解説兼週刊碁の取材で現地を訪れていた大橋成哉七段。
 そして、さらに手順は進み、白122手目。図3の白1の時には、こんな声が上がった。

 「ほぉー」

 通常は白イと押さえそうなもの。そうすると、参考図のような進行になり、ここでコウ争いが始まる。そういう黒の抵抗手段を封じて、プロなら一目「うまい」と思う、つまりこれは感嘆の声だった。

図3
図3
参考図
参考図

 「えぇっ?!」「へえー」「ほぉー」。ちょっとずつニュアンスは違うが、控室にため息をもたらしたこの3手。井山棋聖は、これでペースをつかみ快勝を収めた。対局を終えて、大橋七段がこう漏らした。

 「令和の三妙手だね」

 関係者一同、ニヤリ。このニヤリには、ちょっとした訳がある。

 時はさかのぼる。

 天保6年というから、今から186年前の1835年。老中・松平周防守康任(やすとう)の邸宅で、囲碁の会が開かれた。後に「松平家の碁会」と言われるこの催し、メインとなったのは、当時の名人碁所・本因坊(ほんいんぼう)丈和(じょうわ)赤星(あかぼし)因徹(いんてつ)との対局であった。

 本因坊家第十二代の当主・丈和は、道策、秀策など名手の多かった本因坊家の中でも上位に位置する強豪中の強豪だ。ただ、名人碁所に就任する際には、あらゆる権謀術数を使ったとされる。「文化、文政の暗闘」と呼ばれる政治的駆け引きの中で、盤上での戦いを抜きにして、丈和は当時の囲碁界ナンバーワンの地位を得たのである。

第十二世本因坊丈和の筆蹟(ひっせき)=1926年10月22日読売新聞朝刊より
第十二世本因坊丈和の筆蹟(ひっせき)=1926年10月22日読売新聞朝刊より

 これに反発したのが、丈和のライバル・井上幻庵(げんあん)因碩(いんせき)であった。実力では劣っていないという自負があるのに、政治力でナンバーワンの座を取られてしまったという思いがある。何とか丈和に一泡吹かせたい。名人碁所である丈和は将軍家の囲碁指南役。対局を行わないのが通例なのだが、各方面に手を回して「老中主催のイベントだから」と対局の場に引っ張り出すことに成功したのが、この碁会だった。

 対戦相手として、送り込んだのが、一番弟子の因徹。「七段の因徹に負けるようでは、名人碁所の資格なし」と結果によっては丈和に引退を迫るつもりであった。

 そんな背景を反映したのか、丈和VS因徹の一局は、激しい戦いとなった。序盤、因徹は井上家一同で研究した「井門の秘手」を繰り出して互角以上に戦うが、老練な丈和の前に少しずつ形勢を損ねていく。無念の投了。対局後吐血した因徹は、2か月後に26歳の若さで亡くなる。世に「吐血の一局」として名高いこの碁で「丈和に勝ちをもたらした」と言われているのが、三つの妙手。それを碁界では「丈和の三妙手」と古来、呼ぶのである。

棋聖戦第3局で落ち着いた表情を見せる井山棋聖
棋聖戦第3局で落ち着いた表情を見せる井山棋聖

 大橋七段の「令和の三妙手」にみんながニヤリとしたわけが、お分かりになっていただけただろうか。家元同士の血で血を洗う争いだった「丈和」ほどのおどろおどろしさはないが、「令和」の方も並み居る棋士たちの常識を超えた手段の連発。だからこそ、の一言にみんな納得したのである。

 古来、「吐血の一局」は、名局中の名局として様々な棋士が分析を試み、「三妙手」も研究がなされている。「令和」の方の「三妙手」の細かい意味やその価値も、多くの棋士によって研究・分析がされるだろう。まずはその一端を、読売新聞紙上の観戦記でご覧になっていただければ幸いである。

(編集委員 田中聡)

無断転載・複製を禁じます
1839568 0 棋聖戦 2021/02/13 10:00:00 2021/02/13 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210212-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)