読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

挑戦者決定トーナメント3回戦は芝野虎丸王座が余正麒八段を下し、決勝変則三番勝負へ 棋聖戦棋譜速報

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 井山裕太棋聖への挑戦権をかけた囲碁の第46期棋聖戦(読売新聞社主催)の挑戦者決定トーナメント3回戦、余正麒八段と芝野虎丸王座の対局が21日、大阪市の関西棋院で行われた。

余正麒八段(左)と芝野虎丸王座

 Sリーグ2位の余八段は棋聖S、名人リーグにも在籍経験がある関西棋院のトップ棋士。昨年は破竹の22連勝をマークするなど、初の七大タイトル獲得に向けて期待が高まっていた。

 Aリーグ優勝の芝野王座は史上最年少の19歳11か月で名人を獲得した若手実力者。第76期本因坊戦七番勝負では井山棋聖をカド番に追い詰めた。

 実力者同士の激突は、白番の芝野王座が194手までで中押し勝ち。芝野王座は25日に、Sリーグ1位の一力遼天元との決勝変則三番勝負第1局に臨む。

余正麒八段 対 芝野虎丸王座 動く棋譜速報

動く棋譜がうまく表示されない方はこちら

※動く棋譜は、IE(インターネットエクスプローラー)11では閲覧できません。他のブラウザでご利用ください。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2457475 0 棋聖戦 2021/10/21 09:10:32 2021/10/21 22:25:26 2021/10/21 22:25:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/棋聖戦挑決3回戦.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)