一力遼棋聖が就位式、初めて和服披露し「防衛戦でも結果を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 囲碁の第46期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)を制した一力遼棋聖(24)の就位式が15日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で開かれた。

 一力棋聖は9連覇中だった井山裕太名人(32)を4勝3敗で下し、初の棋聖位を獲得。4年前の棋聖初挑戦で敗れた雪辱を果たした。

第46期棋聖就位式で、メダルを手に笑顔を見せる一力遼棋聖(15日、東京都文京区で)=守谷遼平撮影
第46期棋聖就位式で、メダルを手に笑顔を見せる一力遼棋聖(15日、東京都文京区で)=守谷遼平撮影
第46期棋聖就位式で、笑顔を見せる一力遼棋聖(15日、東京都文京区で)=守谷遼平撮影
第46期棋聖就位式で、笑顔を見せる一力遼棋聖(15日、東京都文京区で)=守谷遼平撮影

 就位式では、老川祥一・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆代理から正倉院宝物の 金銅鳳形裁文こんどうおおとりがたさいもん を写した鳳を刻み込んだ純銀製の棋聖大賞メダルと、賞金4500万円の目録が贈られた。

 初めて和服姿を披露した一力棋聖は「4年たって棋聖戦の舞台に戻ってこられた。今回の七番勝負は本当に大変な碁ばかりだったが、自分の今持っている力はすべて出せた。棋聖を取れたのは皆さんの応援のおかげ。来年の防衛戦でも結果を残せるよう頑張りたい」と謝辞を述べた。

 就位式は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で関係者のみで行われた。

写真で観る一力遼棋聖就位式

スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
2925866 0 棋聖戦 2022/04/15 18:42:00 2022/04/16 09:55:10 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220415-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)