豊島二冠、初の竜王戦挑戦権…木村九段を破る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

挑戦権を獲得した豊島二冠(5日、東京都渋谷区で)
挑戦権を獲得した豊島二冠(5日、東京都渋谷区で)

 将棋の第32期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の挑戦者決定三番勝負第3局が5日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。豊島将之二冠(29)が115手で木村一基九段(46)を破り、2勝1敗で広瀬章人竜王(32)への挑戦権を獲得した。豊島二冠の竜王戦挑戦は初めて。

 本局は角換わりの戦いになり、木村九段の攻めをいなした豊島二冠が反撃して勝ちきった。

 豊島二冠は名人と王位を保持し、通算獲得タイトルは3期。「序盤、中盤、終盤、隙がない将棋」と称され、総合力が高い。竜王戦本戦の準々決勝では藤井聡太七段(17)との激闘を制して勢いに乗り、トーナメントを勝ち抜いた。

 今期の七番勝負は竜王VS名人の構図となる。第1局は10月11、12日に東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われる。

 豊島二冠の話「竜王戦はこれまでなかなか勝ち上がることができなかったので、挑戦が決まってうれしい。七番勝負は体調を整えて臨みたい」

無断転載禁止
781143 0 竜王戦 2019/09/05 22:55:00 2019/09/05 22:56:18 2019/09/05 22:56:18 挑戦権を獲得した豊島二冠(5日、東京都渋谷区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190905-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ