竜王戦七番勝負、豊島名人が広瀬竜王に2連勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

豊島名人が連勝
豊島名人が連勝
豊島名人が連勝
豊島名人が連勝

 将棋界の最高棋戦で、広瀬章人竜王(32)に豊島将之名人(29)が挑戦する第32期竜王戦七番勝負第2局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)は23日から京都市の世界遺産・仁和寺で行われ、24日午後7時8分、豊島名人が126手で勝ち、シリーズ2連勝とした。

 相掛かりの戦型となった2局目は中盤から豊島名人が駒損をいとわず攻め、△8九飛成~△2七歩成と挟撃態勢に入った。受けの時間が続いた広瀬竜王は敵陣に▲4二歩と打つ勝負手を繰り出して追い込んだが、最後は豊島名人が着実に寄せきった。解説の村山慈明七段は「広瀬竜王の反撃で一時は形勢不明となったが、豊島名人がうまく踏みとどまった一局でした」と総括した。

 第3局は11月9、10日に神戸市の神戸ポートピアホテルで行われる。

 豊島名人の話「△8九飛成のあたりで指しやすくなったが、緩手もあり、最後に詰みが見えるまで際どい内容だった」

 広瀬竜王の話「1日目にうまく動かれ、自信が持てなかった。細かいミスが多いので、修正して3局目に臨みたい」

動く棋譜中継はこちら

【2日目手順】▲広瀬△豊島

△6七歩成(封じ手)▲同 飛

△6五歩▲7九金△8五飛

▲9四歩△6六歩▲同 銀

△同 角▲同 飛△6五歩

▲6七飛△7八銀▲同 金

△8九飛成▲6八金△6四桂

▲4七玉△2七歩成▲4四歩

△同 歩▲4二歩△同 金

▲4三歩△同 金▲2一角

△5三金上▲3二角成△4五歩

▲同 銀△4六歩▲5八玉

△6六桂▲5七玉△5九竜

▲5八桂△5五歩▲8七飛

△8六歩▲同 飛△8五歩

▲4四歩△同金右▲4一角

△6二玉▲7一銀△同 玉

▲6三角成△5六歩▲6七玉

△6八竜▲同 玉△7九銀

▲5九玉△6八金▲4九玉

△5八桂成▲同 金△同 金

▲同 玉△4七歩成

 まで豊島名人の勝ち

持ち時間

各8時間△7・56分▲7・54分126手

無断転載禁止
862095 0 竜王戦 2019/10/24 19:22:00 2019/10/24 22:45:51 2019/10/24 22:45:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191024-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ