広瀬竜王が押し切り、1勝3敗に…竜王戦七番勝負

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第4局の投了図
第4局の投了図

 将棋界の最高棋戦で、広瀬章人竜王(32)に豊島将之名人(29)が挑戦する第32期竜王戦七番勝負第4局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)が21日から甲府市の常磐ホテルで行われ、22日午後6時56分、135手で広瀬竜王が勝利し、シリーズ1勝3敗となった。

「動く棋譜」中継はこちら

 豊島名人が3連勝で迎えた本局は、矢倉の力戦になった。広瀬竜王は終盤の入り口で▲1三角成の強攻策を決断。その後は双方、一手を争う攻め合いになったが、▲4五桂と持ち駒をうまく活用した寄せを見せた広瀬竜王が押し切った。

 解説の横山泰明七段は、「広瀬竜王の角切りからの攻めはすさまじい切れ味でした。最終盤で▲6八玉と早逃げした手など、カド番とは思えない落ち着きが印象的でした」と総括した。

 第5局は12月6、7日に島根県津和野町の藩校養老館で行われる。

 広瀬竜王の話「厳しい戦いでしたが、一つ勝ててほっとしています。今後も1局ずつ返していくことができればいいと思います」

 豊島名人の話「封じ手の辺りは、あまり自信がなかった。(次に向けて)気持ちを切り替えて頑張ります」

【2日目手順】▲広瀬△豊島

▲9五同歩(封じ手)△8五桂

▲1五歩△同 歩▲4五歩

△7五歩▲1三歩△同 香

▲4四歩△同 金▲1二歩

△2二玉▲1一歩成△同 玉

▲1三角成△同 桂▲1五香

△1四歩▲同 香△1二歩

▲4六香△5七歩▲同金上

△7六歩▲2四歩△同 歩

▲4四香△同 銀▲4三歩

△3三角▲7三歩△9二飛

▲3五歩△7四香▲3四歩

△5一角▲8五銀△同 歩

▲3三桂△同 銀▲同歩成

△同 角▲4五桂△7七歩成

▲同 桂△7六歩▲3三桂不成

△7七歩成▲同 金△3三金

▲2二歩△7七香成▲同 玉

△7六歩▲6八玉△3二銀

▲1三香成△同 歩▲1二歩

△同 玉▲2一銀△同 銀

▲同歩成△同 玉▲4五桂

△7七歩成▲同 玉△4四角

▲6八玉△7六桂▲5八玉

△6八金▲4八玉△5九銀

▲同 飛△同 金▲3三桂不成

△同 角▲2三金△4五桂

▲3二銀△同 飛▲同 金

△同 玉▲6二飛

 まで広瀬竜王の勝ち

持ち時間

各8時間△7・59分▲7・40分135手

無断転載禁止
910818 0 竜王戦 2019/11/21 12:46:00 2019/11/22 23:33:03 2019/11/22 23:33:03 第4局の投了図、朝刊用 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191122-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ