竜王戦本戦3回戦、藤井棋聖は丸山九段に敗れる…「しっかり反省して来年頑張りたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

丸山忠久九段(左)に敗れた藤井聡太棋聖(24日午後11時37分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影
丸山忠久九段(左)に敗れた藤井聡太棋聖(24日午後11時37分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影

 将棋の第33期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の本戦3回戦が24日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われ、藤井聡太棋聖(18)が丸山忠久九段(49)に千日手指し直しの激戦の末、116手で敗れた。タイトル獲得後初の敗戦。藤井棋聖の今期の竜王挑戦はなくなった。

 丸山九段はタイトル獲得通算3期で、竜王戦でも過去3回挑戦者になっている強豪。藤井棋聖とは初対局だった。角換わりの戦型となったこの日の対局は、中盤で千日手が成立。同日夕から指し直し局が行われ、得意の「一手損角換わり」を採用した丸山九段が、終盤きわどく競り勝った。

 対局後、丸山九段は「ずっと難しい勝負だと思っていたが、ギリギリ残っていた」、藤井棋聖は「早い段階で形勢を損ねて、苦しい戦いが続いた。しっかり反省して来年頑張りたい」と話した。丸山九段は31日の準々決勝で、ランキング戦1組2位の佐藤和俊七段(42)と対戦する。

無断転載禁止
1363749 0 竜王戦 2020/07/24 23:44:00 2020/07/25 08:44:13 2020/07/25 08:44:13 竜王戦本戦で丸山忠久九段(左)に敗れた藤井聡太棋聖(24日午後11時37分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200725-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ