竜王戦第1局始まる…能舞台で4年連続の公開対局

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第33期竜王戦七番勝負第1局で、初手を指す羽生善治九段(左)と豊島将之竜王(9日午前9時、東京都渋谷区で)=若杉和希撮影
第33期竜王戦七番勝負第1局で、初手を指す羽生善治九段(左)と豊島将之竜王(9日午前9時、東京都渋谷区で)=若杉和希撮影

 将棋界の最高棋戦で、豊島将之竜王(30)に羽生善治九段(50)が挑戦する第33期竜王戦七番勝負第1局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)は9日午前9時、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で始まった。能舞台での公開対局は4年連続となる。

 新型コロナウイルス感染症対策でマスクを着用した両対局者が能楽堂に入り、落ち着いた様子で駒を並べた。振り駒で先手になったのは、通算タイトル100期がかかる羽生九段。立会人の森内俊之九段が対局開始を告げ、羽生九段は▲7六歩と初手を指した。豊島竜王は△8四歩と応じた。竜王戦七番勝負は2日制対局で、本日午後6時の時点で手番の棋士が封じ手を行う。

【1日目手順】▲羽生△豊島

▲7六歩△8四歩▲6八銀

△3四歩▲7七銀△7四歩

▲2六歩△8五歩▲2五歩

△7三桂▲7八金△3三角

▲5六歩△6四歩▲7九角

△6五桂▲2四歩△同 歩

▲同 角

持ち時間

各8時間△0・52分▲1・25分19手

無断転載・複製を禁じます
1532914 0 竜王戦 2020/10/09 10:16:00 2020/10/09 14:43:50 2020/10/09 14:43:50 第33期竜王戦七番勝負第1局で、初手を指す羽生善治九段(左)と豊島将之竜王(9日午前9時、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201009-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ