[記者が震えた竜王戦名勝負]<3>同世代対決、羽生九段に軍配

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第33期 ランキング戦1組2回戦 羽生善治九段-佐藤康光九段

 [記者が震えた竜王戦名勝負]<2>はこちら>>

 プロ入り前の少年時代から、棋士養成機関の奨励会で切磋琢磨してきた両者の一戦。「羽生世代」のトップどうしが顔を合わせた。50代になっても、竜王戦1組に在籍し、健在ぶりを示している二人。読みと読みがぶつかる力将棋となり、終盤で読み勝った羽生九段がライバル対決を制した。若い力が台頭する将棋界だが、第33期竜王戦は「羽生世代」の活躍が目立った。羽生九段は「佐藤さん、丸山さんの頑張りが刺激になった」と話す。長きにわたる戦いの中で育まれた友情に、思わず胸が熱くなった。

 対局の模様を4月11日から7回にわたって読売新聞に掲載された観戦記とともに振り返る。

第1譜

 (先)九段 羽生善治 × 九段 佐藤康光
 ▲2六歩 … △8四歩 …
 ▲2五歩 1 △8五歩 …
 ▲7六歩(図) … △3二金 …

 ▲7七角 … △3四歩 …
 ▲6八銀 … △3三角 …
 ▲同角成 1 △同 桂 1
 5時間(△0時間01分 ▲0時間02分)12手

絵になる

 「すみません、お願いします」。一礼し駒箱を開ける際、羽生は一言付け加えた。この作法で言葉を発するのは初めて目にする光景かと思う。両者だけに通じるものがあるのだろう、そんなことを思いながら対局室を眺める。

 やはり「絵になる」。

 手元の辞書で引いてみると、「姿などがその場の雰囲気にぴったりと合っている」とある。将棋界の顔として各所で活躍しても、一番の輝きは言うまでもなく対局室だ。

 「絵になる」を引いた際、その後に書かれた「絵事(かいじ)は素(そ)を後(のち)にす」という一文に出会う。「論語」の一節で「絵は最後に白色を加えて完成させるように、人間も修養を積んだうえで礼を学ぶことにより人格が完成する」という意味だという。羽生の「すみません、お願いします」という言葉が辞書の上を歩いた。

 先手となった羽生は▲2六歩、▲2五歩と歩を突いてから▲7六歩。飛車先を決めてから角道を開けるのが現代角換わりの出だしで「戦法が決まった」と思い席を外した。

 しかし、対局者は佐藤なのだ。普通の序盤に進むわけがない。△7七角成と角交換をせずに△3三角の変化球を投げ、▲同角成△同桂と応じる。12手目で前例はわずか。互いの力と力がぶつかる一日となりそうである。(高野秀行)
 =4月11日読売新聞朝刊より

残り:4209文字/全文:5192文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1551483 0 竜王戦 2020/10/15 20:07:00 2020/10/16 21:01:56 2020/10/16 21:01:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201015-OYT8I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ