読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「序盤、中盤、終盤すきのない戦い」で豊島竜王が3勝目、防衛に王手…竜王戦第4局詳報

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 豊島将之竜王(30)に羽生善治九段(50)が挑戦する第33期竜王戦七番勝負第4局が26、27の両日、鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で行われ、豊島竜王が113手で勝利を収めた。豊島竜王はシリーズ3勝1敗とし、タイトル防衛に王手をかけた。第5局は12月5、6の両日、神奈川県箱根町の「ホテル花月園」で行われる。

 【関連記事
 ・[第4局写真特集]盤上の熱闘 鹿児島・指宿にて
 ・[観る将が行く]データが示す「天王山の一局」
 ・[観る将が行く]“持ってる”観戦記者は22歳
 ・「全集中」の心理戦、▲5三銀の真相…竜王戦・仁和寺対局
 ・「将棋の日」企画…藤井聡太二冠の詰将棋に挑戦!<問題編>

両対局者の指し手は「動く棋譜」で

タイムライン

11月27日

 飯塚七段の総評

 豊島竜王が勝利した第4局を新聞解説を務める飯塚七段に振り返ってもらった。

 「豊島竜王の快勝と言える戦いでした。まさに序盤、中盤、終盤すきのない戦いぶりで、悪い局面はなかったと思います。

 逆に羽生九段も多少の損をした部分はあるのですが、明確な敗着と言えるような悪手はありませんでした。横歩取りの後手番という中で、積極的に主導権を取りにいった羽生九段の作戦を、豊島竜王が冷静に受け止め、少しずつリードを広げていった印象です。

 特に印象に残ったのは75手目の▲6五角です。羽生九段に△4七角を抑えられると困るのでそれを防いだのと、後に▲3八角(79手目)と引くのですが、その角のラインが後手玉を追い詰めるカギになりました。角という駒の能力がフルに発揮された手で、このラインが重要なんだと見抜いた着眼点には脱帽します。

 今回の結果で、豊島竜王が初防衛に向けて、優位に立ったことは間違いありません。ただ、七番勝負は終わってみなければ分からない。これからも力のこもった熱戦を期待したいですし、羽生九段もたくさんのファンの声援を粋に感じて、頑張ってくれると思います」

 午後7時10分頃 感想戦を終える。

 ◆対局を終えた両者のフラッシュインタビュー

 豊島竜王

――防衛に王手がかかった。
 「重要な対局が続くので、丁寧に指していきたいです」

――封じ手の場面は?
 「封じ手の場面は手が広く、と金を作った時にきわどい順も多かったのでよくわからなかったです」

――検討室では△1五歩(66手目)と叩かれた時に、▲1七飛と引いた手がいい手だったという評判だったが。
 「取ると飛車が狙われそうな気がしたので、引く方がいいと思ったんですけど、よく分かってなかったです」

――そのあたりで自分がさせるという感覚はあった?
 「指せるのかもしれませんけど、どう応対していいのか分からない部分もあったのですが。先にと金を作ったので指せるのかなと思ったんですけど、こちらの玉の方が戦場に近いので、気持ち悪いところがあった」

――▲6五角(75手目)と打った手の評判も良かった。
 「相手の4七角を消せるし、打つところかなと思ったんですけど」

――その後、相手の金が上がってきて、▲1二飛(81手目)と打てたところでペースがつかめたのでは?
 「香得なので、もしかしたら、指せるのかもとは思っていました。優勢かもしれないとは思いつつ、ちょっとよくわからないまま進めていたというか。ただ、▲1二飛とか▲4三歩(83手目)とかが先手で入ったので、良くしたかったんですけど、手がわからなくて」

――ただ、それらが先手で入って、展開としては優位に立てたと感じた?
 「そうですね。有利な気はしたんですけど、その後どう指していいのか、難しかったです」

――初防衛に向けてあと1勝になりました。
 「変わらず1局1局、精一杯指せたらと思います」

 羽生九段

――本局を振り返って。
 「こちらから動いていったんですけど、少しずつ無理をしていったのかもしれないですねぇ。ちょっとずつ苦しくなってきた気がしました」

――体調面について心配の声もあったが、2日制の対局は?
 「対局そのものは通常通り、普段通り指すことができました」

――1勝3敗で厳しくなったが、今後の抱負を。
 「そうですね。まぁ、また気持ちを新たにして次に向けて臨みたい」

 午後6時22分 113手目。豊島竜王の▲9三角を見て、羽生九段が投了。豊島竜王がシリーズ通算3勝1敗とし、竜王防衛に王手をかけた。

投了する羽生九段(左)
投了する羽生九段(左)

 検討室から(9) 102手目、羽生九段が△5七桂成と踏み込んだ手に検討室では「行った」という声が上がる。▲同玉△5六銀▲同角△同飛▲同玉と進み、△3四角で王手飛車。最後のお願いだ。

 午後5時30分過ぎ 羽生九段は39分考えた末に△6五香。現地の大盤解説会で貞升南女流初段が挙げていた手だ。自陣への角の利きを止めつつ、相手の玉頭にプレッシャーをかける。これで100手目。土俵際ぎりぎりで粘る。

 午後5時過ぎ 双方の残り持ち時間が1時間を切った。

 検討室から(8) 羽生九段の92手目△2六飛に検討室では「勝負手」との声が。「直前の▲9二香に対し、△同香と応じると、▲同角成で飛車と馬で左右から挟撃される形になる。羽生九段からすれば、それを避けたいところだったが、すでに形勢は先手がよく、普通に打っていては、そのまま豊島竜王に押し切られる。羽生九段としては、豊島竜王の読みを外して、勝負に出た」と新聞解説を担当する飯塚七段。豊島竜王は体をぐっと盤面に近づけ、深い読みに入っている。

 午後3時 ひりひりするような局面が続く中、2日目の午後のおやつの時間に。豊島竜王は、羽生九段も初日午前に食べた新和堂の「そらどら」。そら豆を使用した餡を挟み込んだ小ぶりなどら焼きだ。羽生九段は、梅月堂の「ぬれどら焼き 和栗」。北海道産の大納言小豆のみを使用したあんこの上に、この時期限定の和栗を乗せたどら焼きだ。

豊島竜王のおやつ「そらどら(新和堂)」(左)と羽生九段のおやつ「ぬれどら焼き 和栗(梅月堂)」
豊島竜王のおやつ「そらどら(新和堂)」(左)と羽生九段のおやつ「ぬれどら焼き 和栗(梅月堂)」

 82手目、羽生九段が△5一銀と指した局面。現地では藤井九段の大盤解説が継続中。佐々木七段と解説をするうちに、「先手の3八の角が攻めにもすごく効いている。よくよく検討してみると、駒の働きも先手がいいのかも」

 午後2時半過ぎ 現地の大盤解説会に立会人の藤井猛九段が登場。佐々木勇気七段とのダブル解説が始まった。

 78手目。羽生九段が△5四金と上がった局面について、藤井九段は「ちょっと前までは先手持ちという印象だったが、今こうして見てみると、後手は香損しているものの、金が中央に出てくるなど、駒が働いてきた。先手の玉は中央に近いのであまり良い形ではなく、後手も元気が出てきたかな」

 午後2時10分 現地の大盤解説会では、豊島竜王の75手目▲6五角打に対して、「次の一手」クイズを行うことに。難解な局面が続く中、解説の佐々木勇気七段と聞き手の貞升南女流初段は△5四角を最初に挙げ、次の手に△4三金を、と話している途中で羽生九段が△4三金。両者、「あっ」と絶句した後、佐々木七段が「次の一手は、次の解説の藤井九段に任せましょう」。会場は爆笑に包まれた。

 午後1時半 両対局者ほぼ同時に対局室に入り、対局が再開した。初日に続き、好天に恵まれた指宿決戦。錦江湾が一望できる窓から対局室内にも明るい日差しが差し込む。

 午後0時半 72手目。羽生九段が△1六飛と飛車をぶつけたところで昼食休憩に。▲同飛△同歩で豊島竜王に手番を渡すことになる。検討室では「羽生九段はちょっと忙しくなる」との声も。

 この日の昼食は豊島竜王が「指宿産(うな)重」、羽生九段が「寿司」。

 午前11時 現地での大盤解説会が始まった。解説は、佐々木勇気七段、聞き手は貞升南女流初段。佐々木七段は今シリーズのこれまでの展開について「お互いが主導権を争い、序盤から激しい戦いになっている印象」と話した。

 会場となったのは指宿白水館の敷地内にある薩摩伝承館維新の間。豪華絢爛な金襴手(きんらんで)薩摩焼などが展示される多目的ホールだ。

 読売新聞オンラインでは午後2時頃から、現地での大盤解説会をライブ配信する予定。

佐々木勇気七段(壇上右)と聞き手の貞升南女流初段(同左)を迎え行われた大盤解説会(27日午前11時9分)
佐々木勇気七段(壇上右)と聞き手の貞升南女流初段(同左)を迎え行われた大盤解説会(27日午前11時9分)

 午前10時 おやつの時間。豊島竜王は「フルーツ盛り」。羽生九段は、鹿児島特産のさつまいもを使った焼き菓子「いぶすき()」(鳥越屋)。芋(あん)とシナモンの香りが絶妙な組み合わせの逸品だ。

豊島将之竜王の「フルーツ盛り」(左)と羽生善治九段の「いぶすき路」
豊島将之竜王の「フルーツ盛り」(左)と羽生善治九段の「いぶすき路」

 午前9時3分 立会人の藤井猛九段が封じ手を開封。豊島竜王の封じ手は▲1六飛。前日から予想されていた大本命の手だ。

 羽生九段はほぼ時をおかず△4七角成。以下▲同銀、△4四歩と前日の検討通り進む。対して、豊島竜王は△1四歩と端から後手陣に攻めかかった。

開封された「封じ手」(27日午前9時9分)
開封された「封じ手」(27日午前9時9分)

 午前8時47分 羽生九段が対局室入り。続いて豊島竜王が着座し、記録係の読み上げとともに、前日の戦いを再現する。

11月26日

 飯塚七段が初日の総括と封じ手予想
 初日の戦いを新聞解説の飯塚七段に振り返ってもらうとともに、封じ手の予想をしてもらった。

 「飛車と角が盤の中央あたりを行き来する派手な展開になりました。現在は中盤の入り口で、小競り合いから徐々に戦いの場が燃え広がっていきつつある状況です。

 後手の羽生九段は歩損をしているので、このまま戦況が落ち着いてしまうと後々、その損が響いてきます。勢いをつけて、局面を動かしていきたいところです。逆に豊島竜王はそれをどう受け止めるか。こういうところで差が付くと一気に押し切られてしまうので、互いにミスが許されない場面になりました。

 封じ手の大本命は▲1六飛です。以下は△4七角成▲同銀△4四歩という展開が予想されます。羽生九段からすれば、後に△4五歩と突き、3三の桂を活用していきたいところ。対する豊島竜王は、1筋から攻めるか、飛車が窮屈であれば、いずれ3六飛と回る展開も考えられるでしょう。

 別の候補を挙げるなら、▲6五角と角を取る手です。以下は△2六歩▲5六角。飛車と角を交換する形になりますが、豊島竜王からすれば、▲5六角が相手の飛車に当たっているので、先手が取れることになります。ただ、この段階で相手に飛車を与えるのはやはり怖いと思います」

 午後6時 豊島竜王が55手目を封じる意思を示した。今シリーズで豊島竜王が封じ手を行うのは初めてのこととなる。

 検討室から(6) 48手目。1時間32分の長考の末に羽生九段が指したのは△2六歩。2筋の突破をはかる手だ。以下、▲3四歩、△同飛、▲2六飛、△6五角と進み、豊島竜王は長考の姿勢に入った。△6五角は、先手に▲2一飛成を許してでも、▲3八角から一気に先手陣を食い破ろうという強気の指し手。

 夕方に入り、飛車のポジショニングを巡って激しい駆け引きが続いている。

 検討室から(5) 盤上はいよいよ本格的な戦いが始まりそうな雰囲気。豊島竜王の47手目▲6八玉は、「戦いの場となりそうな2筋、3筋から玉を少し遠ざけた落ち着いた手」と飯塚七段。ただし、今後は▲3四歩から、△同飛▲5六角△2四飛▲3四歩と3筋を攻める狙いがあり、飯塚七段は「この攻めを緩和する手を選ぶのか。攻め合うのか。羽生さんの決断が注目される」と話す。

 午後3時 おやつの時間。豊島竜王は、指宿特産のオクラを生地にたっぷり練り込んだどら焼き「オクラスイーツ」(鳥越屋)。対する羽生九段は「苺タルト」(fiore)を注文した。

 検討室から(4) 3筋に逃げた飛車に対し、羽生九段は△4五角。以下▲1五飛、△2四飛と進む。立会人の藤井猛九段の予想通りの進行だ。羽生九段の攻め駒が集中する2筋をどう手当てして守るか。豊島竜王の次の一手が注目される。

 午後1時半 対局を再開。豊島竜王は▲3六飛と飛車を3筋に逃げた。

 両者が対峙する対局室は窓から錦江湾が一望することができる。好天に恵まれたこの日は、どこまでも青く穏やかな海が広がっていた。

 午後0時半 豊島竜王が41手目を考慮中に昼食休憩に入る。昼食は豊島竜王が「寿司」、羽生九段が「黒豚カツカレー」。

 検討室から(3) 38手目。羽生九段が△1五歩と端歩を突き、戦いが始まる。「局面を動かす意思を感じる手。早い動きだが、これが成立するかどうか」と新聞解説を務める飯塚七段。▲同歩、△2五歩と進んだ後、豊島竜王は飛車をどこに逃げるか。3六、5六なら△4五角、1六なら△2四飛といった展開が考えられる。

 「ここまでは羽生九段がこう指そうと思っていた将棋を指している感じ。豊島竜王はそれを正面から堂々と受けてたっている。自信の表れと言えるかも」

 昼食休憩が近づいている。

 午前10時 最初のおやつの時間。豊島竜王は定跡の「フルーツ盛り」。羽生九段は新和堂の「そらどら」。指宿産のそら豆を使用した餡を生地で挟んだ少し小ぶりなどら焼きだ。

 検討室から(2) 24手目△7二銀で羽生九段は王将戦リーグから手を変えた。新聞解説を務める飯塚祐紀七段は「金銀の連携もよく、バランスを重視した」とする一方、「王将戦リーグでも採用した22手目の△2四歩は、△8八角成、▲同銀、△3三桂から、△2五歩のような手を狙っており、かなり積極的。後手ながら、今回も前に出ていくという羽生さんの気持ちが表れている」

 検討室から(1) 11月20日に両者が対戦した王将戦挑戦者決定リーグと同じ、横歩取りの展開となった。途中の手順は若干異なるが、18手目△4二銀までは王将戦での対戦と同じ形に。このときは先手だった豊島竜王が後手番の羽生九段を下しているが、どちらが先に手を変えるのか。

 午前9時 立会人の藤井猛九段のかけ声で対局開始。先手の豊島竜王は▲2六歩、後手の羽生九段は8四歩。互いに飛車先の歩を突きだした。

 午前8時47分 羽生九段が入室。ほどなくして豊島竜王が対局室へ。これまでの4局。両者はほぼ同じ時間に、同じ順番で対局室に入っている。

11月25日

 午後7時 両対局者が出席して関係者食事会がスタート。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、前夜祭の規模を縮小し、防疫体制をとった上で開催された。

 午後9時25分 羽生九段が指宿名物の「砂むし温泉」に。翌日の対戦に向けて鋭気を養う。「砂むし温泉」が大好きという、大盤解説役の佐々木勇気七段も同行した。

 午後5時 対局会場となる指宿白水館で検分を行う。羽生九段にとっては、2017年の第30期竜王戦で、永世称号のある7タイトル全てで称号を獲得する「永世七冠」を史上初めて達成した思い出の地でもある。

 検分の後、両対局者はそれぞれ報道各社のインタビューに応じ、対局への意気込みを語った。

 

 豊島竜王

 ――これまでの戦いぶりを振り返って

 「2局目は残念な結果になってしまいましたが、全体的にはまずまずかなと」

 ――指宿白水館の印象は?

 「広いところで、素晴らしい場所で対局できるので、楽しみですし、それにふさわしい将棋を指したいと思います」

 ――本局への意気込みを

 「番勝負で4局目はすごく大事なので。ただ、結果にこだわりすぎるのもよくないので、自分らしい将棋を指したいです」

 ――第4局目が延期となりました。

 「対局を楽しみにして下さっている方もたくさんいたと思いますので、残念な気持ちもありましたが、仕方がないことかなと受け止めて、福島の方々のためにできることをやりました。またその後、重要な対局もあったので、それに向けて、自分のできることをやろうと思いました」

 ――(延期が決まった際)羽生九段と手紙のやりとりをされたとか。

 「羽生九段の方から丁寧な手紙をいただきました。自分もそれにお返しをさせていただきました」

 ――指宿の子どもたちによる歓迎の感想を

 「本当にたくさんの子ども達も集まってくれて、ああいう歓迎を受けるのはタイトル戦でも滅多にないことなので、指宿の方々の暖かさを感じました」

 羽生九段

 ――地元の子どもたちによる歓迎会についてどう感じましたか?

 「小さいお子さんから高校生まで幅広い年代に歓迎していただいて、うれしかったですね」

 ――今回は指宿での対局は3度目となります。

 「3回目の対局なので、場所に関してはよく知っている場所ということで、自然に対局に打ち込めるかなと思います」

 ――体調のほうは?

 「退院もして、そのあと何局も指していて、通常の状態に戻ったかなと思います」

 ――タイトル通算100期をかけた戦いですが、意気込みを。

 「七番勝負そのものは一つ負け越していて、苦しい状況ではありますが、一局一局、一手一手、丁寧に指していこうかなと思います」

 ――福島での対局が延期となりましたが、延期についての心境は

 「これまで数多くタイトル戦をやってきて初めて延期という形になってしまって、多くのみなさまにご迷惑をおかけして、申し訳なかったと思っています。関係者のみなさまには日にちのないところで迅速に対応していただき、ありがたかったです。福島のみなさまにはいつの日か何らかの形でお返しすることができたらと思っています」

 午後2時20分 指宿市立今和泉小学校に立ち寄り、地元の保育園児、小学生、高校生による歓迎イベントに出席する。豊島将之竜王は児童・生徒らを前に「指宿市を盛り上げていけるように、この地から全国の将棋ファンに楽しんでいただけるような将棋を指したい」とあいさつ。羽生善治九段は「みなさんにも、この対局をきっかけに将棋に興味をもってもらえればうれしい」と語りかけた。

無断転載・複製を禁じます
1651389 0 竜王戦 2020/11/25 12:00:00 2020/11/27 22:29:18 2020/11/27 22:29:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201127-OYT8I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)