読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豊島竜王が3勝目、初防衛に「王手」…竜王戦第4局

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 竜王が初防衛に王手をかけた。豊島将之竜王(30)に羽生善治九段(50)が挑戦している将棋の第33期竜王戦七番勝負第4局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)は、27日午後6時22分、豊島竜王が113手で勝利し、シリーズ成績を3勝1敗とした。

竜王戦第4局、羽生善治九段(左)に勝ち、感想戦で対局を振り返る豊島将之竜王(27日、鹿児島県指宿市で)=若杉和希撮影
竜王戦第4局、羽生善治九段(左)に勝ち、感想戦で対局を振り返る豊島将之竜王(27日、鹿児島県指宿市で)=若杉和希撮影

 羽生九段の発熱・入院で延期になっていた第4局の「仕切り直し」となった本局は、26日から鹿児島県指宿市の指宿白水館で行われた。

 初日から「横歩取り」の戦型となり、大駒の位置を巡る展開が続いた。中盤、▲6五角と「攻防の角」で優位に立った豊島竜王が終盤は左右挟撃の寄せを決めた。

 解説の飯塚祐紀七段は、「豊島竜王は序盤、中盤、終盤と隙がない将棋で、飛車角を大きく使う構想が実っての快勝でした」と総括した。第5局は12月5、6日に神奈川県箱根町のホテル花月園で行われる。

 豊島竜王の話「(▲6五角の後の)▲1二飛~▲4三歩のあたりでは少し良さそうに思った。(防衛まであと1勝だが)今までと変わらず、一局一局を精いっぱい指したい」

 羽生九段の話「こちらから動いていったが、少しずつ無理をしていたかもしれない。対局そのものは普段通り指すことができました」

【2日目手順】▲豊島△羽生

▲1六飛(封じ手)△4七角成

▲同 銀△4四歩▲1四歩

△4五歩▲1三歩成△7一玉

▲3五歩△同 飛▲1二歩

△1五歩▲1七飛△4六歩

▲同 銀△3六飛▲3七銀

△1六飛▲同 飛△同 歩

▲6五角△4三金▲1一歩成

△5四金▲3八角△4五桂

▲1二飛△5一銀▲4三歩

△4一歩▲4六銀△1七歩成

▲同 香△3六角▲7九金

△1八角成▲9二香△2六飛

▲9一香成△4六飛▲4八香

△2六飛▲8一成香△同 玉

▲8四桂△6五香▲7七桂

△5七桂成▲同 玉△5六銀

▲同 角△同 飛▲同 玉

△3四角▲4七玉△1二角

▲同と引△6七香成▲9三角

 まで豊島竜王の勝ち

持ち時間

各8時間△7・47分▲7・35分113手

無断転載・複製を禁じます
1658522 0 竜王戦 2020/11/27 18:33:00 2020/11/27 22:41:21 2020/11/27 22:41:21 第33期竜王戦七番勝負第4局で、羽生善治九段を下し、感想戦で対局を振り返る豊島将之竜王(27日午後6時31分、鹿児島県指宿市の指宿白水館で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201127-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)