読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[観る将が行く]カタカナもあり?…棋士が揮毫に込める思い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都・仁和寺で開かれた竜王戦七番勝負第3局でのこと。対局前日の検分後、対局者が色紙や将棋盤に揮毫(きごう)する時間が設けられた。

 豊島将之竜王が最初に記した文字は「夢」。ファンの方なら、もちろんご存じであろう。豊島竜王は顔立ちだけでなく、文字も端正で美しい。

竜王戦第4局で揮毫する豊島竜王(左)と羽生九段(鹿児島県指宿市で)
竜王戦第4局で揮毫する豊島竜王(左)と羽生九段(鹿児島県指宿市で)

 「夢」という言葉自体もすごく現代的で、若々しさを感じたし、「竜王の夢って何だろう」なんて想像しながら、筆さばきにほれぼれとしていたのだが、その後、渡された色紙には豊島竜王、今度は「心」と書いた。

豊島竜王
豊島竜王

 ん? 揮毫に記す文字って、棋士それぞれにお決まりのものがあると思っていたけど、違うんだ。羽生善治九段は、「玲瓏(れいろう)」という言葉を好んで書くと聞いていたけれど……と、横を見ると羽生九段は「信」という文字を書いている。

 「棋士の方って、それぞれいろんなバリエーションを持っておられるのですね」

羽生九段
羽生九段

 読売新聞のベテラン記者・T編集委員に聞くと、こんな答えが返ってきた。

 「そうだね。ただ、自分の好きな言葉の中から、事前に決めて書くケースが多いんじゃないかな。前もってしっかり練習して書く人もいる。羽生さんのように長くやっていると、バリエーションもどんどん増えていくのかもしれないけどね」

 T編集委員によると、棋士の中にはタイトル戦を経験するごとに字が上達していく人もいるらしい。「渡辺明名人なんかは、20歳で初めてタイトルを獲得した時と比べると、今は本当に味のあるいい字を書くものなぁ」としみじみ語る。

立会人を務めた藤井猛九段も豪快に「藤井システム」と揮毫した
立会人を務めた藤井猛九段も豪快に「藤井システム」と揮毫した

 なるほど。揮毫には、棋士の個性や人生観、キャリアがにじみ出ているのかもしれない。そう言えば、竜王戦七番勝負第4局では、立会人を務めた藤井猛九段が検討室で色紙に「藤井システム」と豪快に揮毫しているのを見た。「カタカナもありなのか」とその自由さに驚いたし、藤井九段らしいステキなファンサービスだとも思った。

 さて、両対局者の場合はどうなのか。読売新聞オンラインで毎局、開催している「封じ手クイズ」のプレゼント用に、両者がこれまでに書いてくれた色紙の文字を調べてみた。

 豊島竜王 「研道」「無倦(むけん)」「夢」
 羽生九段 「洗心」「泰然自若(たいぜんじじゃく)」「克己復礼(こっきふくれい)

豊島竜王の色紙「夢」と、羽生九段の色紙「泰然自若」
豊島竜王の色紙「夢」と、羽生九段の色紙「泰然自若」

 1局目用の色紙に書かれていたのは、豊島竜王は「研道」、羽生九段は「洗心」。両者とも、これまでいろんな場面で書いてきた言葉だけれど、戦いに臨む前の澄み切った心、もしくは心を研ぎ澄まそうという意思が強く表れている気がする。読売新聞の将棋担当Y記者によると、「研道」は「自分なりに将棋を研究し、道を究める」という意味で、豊島竜王がよく使う言葉だという。第1局はまさにその成果が表れた積極的な指し回しで、竜王戦七番勝負史上最短52手の決着という、歴史に残る将棋を繰り広げた。

 そのほかの言葉も、両者のお人柄や決意がやはりにじみ出ているような気がするが、いかがだろうか。これまでの七番勝負の戦いを振り返り、それぞれの解釈で言葉の意味を味わっていただけたら、と思う。

 そして、5日、箱根・ホテル花月園で第5局が始まった。初防衛に王手をかけた豊島竜王、土俵際からの逆転を狙う羽生九段は、どんな言葉を記してくれたのだろう。読売新聞オンラインでは第5局でも、両者の直筆サイン入り色紙が当たる「封じ手クイズ」を催している。(藤)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1677221 0 竜王戦 2020/12/05 18:00:00 2021/07/20 08:29:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201205-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)