読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

羽生九段下し初防衛の豊島竜王、就位式で「年を重ねた後に思い返すようなシリーズ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

就位式の動画はこちら

 将棋の第33期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)で挑戦者の羽生善治九段(50)を4勝1敗で下し、初防衛を果たした豊島将之竜王(30)の就位式が25日、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで行われた。

第33期竜王就位式で、あいさつする豊島竜王(25日午後、東京都渋谷区で)=若杉和希撮影
第33期竜王就位式で、あいさつする豊島竜王(25日午後、東京都渋谷区で)=若杉和希撮影

 豊島竜王は「年を重ねた後に思い返すようなシリーズになりました。よい緊張感の中、ファンの方々の声援に背中を押されました」と謝辞を述べた。

 新型コロナウイルス感染症対策で、出席者を約50人に絞った就位式では、バスケットボール解説者の佐々木クリスさん(40)が「将棋もバスケも大局観が勝者の条件だと思いました。豊島竜王、狭い盤面から飛び出るような、宇宙をも感じさせるような一手で我々を魅了してください」と祝福した。豊島竜王には日本将棋連盟の佐藤康光会長から竜王推挙状、老川祥一・読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆代理から賞金4400万円と竜王杯が贈られた。

 第33期竜王戦のランキング戦各組優勝者の表彰も行われ、1組を制した羽生九段、3組で優勝した藤井聡太二冠らに記念メダルが贈呈された。

無断転載・複製を禁じます
1795527 0 竜王戦 2021/01/25 19:05:00 2021/01/25 23:30:04 第33期竜王就位式で、あいさつする豊島将之竜王(25日午後4時32分、東京都渋谷区で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)