読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豊島竜王、小学校時代の苦手は「体育と音楽」…竜王アカデミー<上>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歴代竜王が講師を務める子供向け将棋講座の竜王アカデミー(読売新聞社主催、特別協賛=サピックス・代ゼミグループ)が、4月にオンラインライブで行われた。豊島将之竜王が講師として初登場した講座の模様を2回にわたって紹介する。(文化部 吉田祐也)

子供たちからの質問に答える豊島竜王(中央)
子供たちからの質問に答える豊島竜王(中央)

 講座の冒頭は、豊島竜王、島朗九段、鈴木環那女流三段による座談会が行われた。島九段が昨年の竜王戦七番勝負・羽生善治九段との戦いについて尋ねると、豊島竜王は「羽生九段とは大局観の差を感じていて、何とか近づけるように取り組んできた。自分がどれくらい成長できているか気になっていたので、いい将棋を指したいという一心だった」と話した。

 その後、子供たちから寄せられた質問に豊島竜王が答えた。「大会になると緊張する。どうやって心を落ち着かせていますか」という問いに、「私もよく緊張しています。落ち着く方法は自分でも知りたいですが、緊張するということは勝つか負けるかギリギリのレベルに到達している証しです」と答え、島九段と鈴木女流三段が深くうなずく場面があった。

 「苦手なことは」という子供からの率直な質問に対し、豊島竜王は「今やっていることですが、講師として人前で話すことが苦手です」と返答し、笑いを誘った。続けて「話すことはある程度、できればいいと思っています」とにこやかに語った。小学校時代の苦手科目については「体育と音楽が苦手でした」と明かした。

 トークは不得意という豊島竜王だが、タイトル戦の前夜祭あいさつや竜王就位式の謝辞などで場数を踏んだ成果か、子供らの質問にハキハキと返答していた。

ファン思いの1枚

東京駅前で撮影に応じた豊島竜王
東京駅前で撮影に応じた豊島竜王

 竜王アカデミーの講師を担当した豊島竜王は都内のスタジオに向かう前、東京駅をバックに撮影に応じた。その写真はすぐに竜王戦公式ツイッター、読売新聞写真部ツイッターで公開され、反響を呼んだ。「りりしくて、眼福です」「サービス精神に感謝します」といった声が寄せられ、「とよぴー」人気の高さをうかがわせた。コロナ禍で将棋イベントが激減しているなか、豊島竜王は常にファンの支えを意識して行動している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2063783 0 竜王戦 2021/05/19 15:00:00 2021/07/08 17:17:03 子供たちからの質問に、はつらつと返答した豊島竜王(中央) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210519-OYT8I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)