藤井三冠、本人が語った! あの「▲4一銀」はどの段階で見えたのか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

竜王戦特設ページはこちら>>
ファンの間で評判になったランキング戦・対松尾八段戦を藤井三冠(右)が自戦解説。聞き手を務めたのは読売新聞の将棋担当、吉田祐也記者
ファンの間で評判になったランキング戦・対松尾八段戦を藤井三冠(右)が自戦解説。聞き手を務めたのは読売新聞の将棋担当、吉田祐也記者

 豊島将之竜王に藤井聡太三冠が挑戦する将棋の第34期竜王戦七番勝負が10月8日、東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で開幕する。

 両者がタイトル戦で激突するのは、王位戦、叡王戦に続き、今年3回目。まさに棋界最高位を決める戦いにふさわしい、トップ棋士同士のゴールデンカードとなった。

 開幕に先立ち、読売新聞オンラインでは特別企画として、竜王位に初挑戦する藤井三冠に今期のランキング戦・本戦での戦いを振り返ってもらった。

 第1弾は、神の一手とも言われた「▲4一銀」が飛び出した、ランキング戦2組準決勝の松尾歩八段戦。藤井三冠はどの段階から、▲4一銀という手をイメージしていたのか。大盤を使って解説してもらった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2417180 0 竜王戦 2021/10/04 15:24:00 2021/10/04 17:40:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211004-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)