鮮やかな寄せ!藤井三冠が3連勝、竜王と最年少四冠に「王手」…竜王戦七番勝負第3局詳報

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

竜王戦特設ページはこちら>>

 豊島将之竜王(31)に藤井聡太三冠(19)が挑戦する第34期竜王戦七番勝負第3局が30、31の両日、福島県いわき市の旅館「新つた」で行われ、藤井三冠が勝利を収めた。

見送る記者は泣いた 華々しさの裏に過酷なプロ棋士の掟

 シリーズは藤井三冠の3連勝となり、竜王奪取と史上最年少四冠にあと1勝とした。

写真で振り返る「いわき対局」

両対局者の指し手は「動く棋譜」で

 動く棋譜のページが見えない方は こちら

タイムライン

新聞解説・佐々木慎七段が本局を総括

 「2日目の午後まで互角の展開でしたが、(61手目の)▲2二角という藤井三冠の曲線的な指し回しで、豊島竜王が乱されたのかなという印象を受けました。

 あの場面は普通であれば、▲2三飛成としたくなる場面で、▲2二角はプロ的には一瞬、『えっ?』となるのですが、よく読んでみると相手にいい手が思い浮かばない。結局、豊島竜王は△2四桂と指し、そこから少しずつ差が生まれて来ました。じわじわリードを広げていく最近の藤井将棋の強さを見た気がします。

 終盤の▲8一飛成からの見切り、▲6八金と、と金を払ってからの、△同馬→▲3四香というフィニッシュも詰将棋的な組み立てでさすがでした」

対局後のフラッシュインタビュー

藤井三冠
――本局を振り返って。

 そうですね。△4四銀(32手目)から△3六歩(36手目)と積極的に動いて来られて、どう対応すればいいか、わからなかったです。本譜は中段の飛車を目標にされる展開になって、少し苦しくしてしまったのかと思っていました。

――封じ手のあたりの判断は?

終局後、インタビューに答える藤井三冠(31日)=若杉和希撮影
終局後、インタビューに答える藤井三冠(31日)=若杉和希撮影

 ▲2四歩(39手目)の突き捨てが通るかどうか分からなかったのですが、(43手目の)▲2四飛、△2三歩、▲3四飛としたところでは、▲2六飛と引くとか、違う手の方が良かったのかと思います。

――2日目はどうでしたか?

 (59手目の)▲3一銀から▲2二角と打って、自信はなかったですけど、飛車がさばける形ができたので、楽しみが出てきたのかなと。

――勝ちを意識した場面は?

 (75手目の)▲8四桂から、▲7二桂成が間に合う形なら、攻め合いに持ち込めるので、そのあたりは手段がありそうだなと考えていました。

――これで3連勝となり、竜王位奪取に王手となりましたが。

 本局は考えてもわからないところが多くて、そのあたりの判断力というのはまだ課題と思ったので、第4局までに修正して臨めればと思います。

豊島竜王
――本局を振り返っていかがでしたか。

終局後のインタビューに応じる豊島竜王(31日)=若杉和希撮影
終局後のインタビューに応じる豊島竜王(31日)=若杉和希撮影

 難しかったのかもしれないですけど、基本的には自信がない感じで進めていました。どこから悪くしたのかは、分からないですけど。

――△4四銀からの積極策は?

 そうですね。考えてはいたんですけど、その後、どこでまずくしたのかが、分からないです。

――封じ手の局面での形勢判断は?

 (45手目)▲3四飛といかれて、あまり自信が持てなかったです。

――(61手目)▲2二角に対して長考されましたが

 本譜じゃだめだと思ったんですけど、ほかの手も厳しそうな気がして、その前に、3七に歩が成らないと(56手目)しょうがないかなと思ったんですけど……。▲2二角を打たれて厳しかったです。

――次戦に向けて

 はい。内容を良くしていって、一局でも多く指せるように頑張りたいです。

10月31日

  午後7時34分  感想戦終了

  午後6時10分  豊島竜王が投了。93手までで藤井三冠が勝ち、シリーズ3連勝を決めた。

  午後5時50分  ▲8四桂に対し、豊島竜王は△4八歩成。何度も天を仰ぐしぐさ。藤井三冠はほぼ時間を使わず、△7二桂成。

  午後5時37分  藤井三冠は75手目、検討室でも指摘されていた▲8四桂。検討室では「決めに行った」という声が上がる。大盤解説の伊藤六段は「豊島竜王には受ける手段がないので、後はどれまで先手玉に迫れるか」

  午後5時20分  現地では伊藤六段と山口女流二段による大盤解説が再開。「クライマックスが近づいている」と伊藤六段。▲8四桂から▲7二桂成の攻めが厳しい。「一直線で勝負すると豊島竜王が厳しいので、何かひねり出さないと……」

  午後5時過ぎ  豊島竜王は△3四飛と飛車を走った。検討室では、「▲8一飛成を受けなかったのは、なかなか考えづらい。豊島竜王は飛車を抑え込まれるのが相当つらいとみているのか。勝負に行った手」

  午後4時55分頃  藤井三冠は▲5八金。この手で藤井三冠の持ち時間も1時間を切った。

  午後4時20分  現地では立会人の屋敷九段が大盤解説に登壇した。△2七馬と寄った局面について「▲8一飛成を受けないのは結構、勝負手」とコメント。「▲5八金と逃げたら、△3四飛と走るか、まず△7一金→▲8三飛成→△3四飛も考えられる」

  午後3時55分  豊島竜王は1時間27分の長考の末、△2四桂。大盤解説の次の一手クイズの正解は(C)のその他だった。豊島竜王の残り時間は46分。1時間を切り、藤井三冠より多かった残り時間は逆転した。

 △2四桂に佐々木七段は「2筋で飛車の成り込みを防いだ手だが、それ以外に狙いは特になく、相当根性を入れて、粘りにいった手。この一局にかける豊島竜王の執念を感じる」。藤井三冠は、▲8五飛と飛車をまわった。

  「いわきの至高の将棋めしクイズ」  たくさんのご応募ありがとうございます! 正解は(1)いわきの魚とじゅうねんの天ざるそば(2)温泉まんじゅうとみそまんじゅうです。応募総数4779票のうち正解は176票。正解率は3.7%でした。

  午後3時  おやつの時間。豊島竜王の注文は「温泉まんじゅうとみそまんじゅう(菓匠しら石)」。藤井三冠はドリンクのみの注文だった。

午後のおやつ、豊島竜王の「温泉まんじゅうと味噌まんじゅう」(左)と藤井三冠の「アイスティーといちごサイダー」(若杉和希撮影)
午後のおやつ、豊島竜王の「温泉まんじゅうと味噌まんじゅう」(左)と藤井三冠の「アイスティーといちごサイダー」(若杉和希撮影)

  午後2時45分  藤井三冠が61手目2二角としたところで、豊島竜王が前傾姿勢のまま思考を深めている。現地の大盤解説会では次の一手クイズが出題された。選択肢は、山口女流二段が挙げた(A)△7五歩、伊藤六段が挙げた(B)△3四飛、(C)がその他。ちなみにAIでは△8八歩も推奨されており、両者とも「その他が一番いいかもしれませんね」

  午後2時25分  豊島竜王は△3二飛と飛車を逃げた。藤井三冠からすれば、2三の地点に飛車が成りこめるところだが、藤井三冠はほぼノータイムで▲2二角打。控室では「重たい手だから打ちづらい」とされていた手だった。狙いはいかに。控室では「飯島流」との声も……。

  午後2時  現地で午後の大盤解説会が始まった。伊藤六段は「お互いバランスを取るのが難しい局面」と話していたが、午後の最初の一手△3七歩成から▲同桂→△同角成→▲3一銀と進む。「直線的な戦いになった。もう終盤」と伊藤六段。

  検討室から(番外編3)  昨日紹介した屋敷九段が揮毫した詰将棋の解答です。▲2一飛成→△同玉→▲1一金→△同玉→▲2三桂→△2一玉→▲3二銀→△同金→▲1一馬 までの9手詰めです。

  午後1時30分  対局が再開された。勝負の2日目の午後が始まる。豊島竜王の一手は、検討室で予想されていた△3四金ではなく、△3七歩成。

  午後0時30分  昼食休憩に。豊島竜王が「伊達鶏そばといわきとっくり芋のとろろ飯」、藤井三冠が「いわきの魚とじゅうねんの天ざるそば」。「いわきとっくり芋」は、酒とっくりのような面白い形の山芋で、いわきの伝統野菜。長芋と自然薯の中間ほどのほどよい粘りで、クセやアクが少なく、食べやすいのが特徴なのだそう。

  検討室から(番外編2)  30日のタイムラインで紹介した屋敷九段が揮毫した詰将棋。正解は分かりましたか? 屋敷九段に答えを聞いたので、午後2時頃にアップします!

  午後0時  藤井三冠の55手目▲2五飛とした局面で、豊島竜王が考慮に沈んでいる。これまでの展開について、屋敷九段は「藤井三冠の攻める姿勢に、豊島竜王が反撃含みの強い受け方をしている印象。ここでは、▲3一銀などから、2筋を突破されては困るので、△3四金など、何らかの手当をする手が考えられるが、その後は終盤に一気に突入するような激しい変化が予想されるため、最終確認をしているのではないか」と話す。

 具体的には、△3四金→▲5五飛→△同銀右の飛車角交換から、▲3一角→△5二飛→▲2二角打→△2八飛など。「最後の決戦を前にじっくり考えたい場面。このまま昼食休憩に突入するかもしれません」

  午前11時  藤井三冠が51手目、▲3四歩と打った局面。現地の解説会では、次の一手クイズが出題された。候補手は(A)4三金、(B)3二金、(C)その他。さて、みなさんの予想は?

大盤解説会に登場した伊藤真吾六段と聞き手の山口恵梨子女流二段(31日)=若杉和希撮影
大盤解説会に登場した伊藤真吾六段と聞き手の山口恵梨子女流二段(31日)=若杉和希撮影

  午前10時30分  現地で大盤解説会が始まる。解説を務めるのは伊藤真吾六段、聞き手は山口恵梨子女流二段。盤上は検討室での予想と違い、▲3五飛→△5五角→▲2二歩と進み、伊藤六段は現在の状況について「藤井三冠の攻めを、豊島竜王が受ける形に。豊島竜王がどうしのぐか。勝負所を迎えています」

  午前10時  午前のおやつ。豊島竜王は「旬のフルーツ盛り合わせ(石河屋)」、藤井三冠は「温泉まんじゅうとみそまんじゅう(菓匠しら石)」を注文した。

 読売新聞オンラインでは「いわきの将棋めしクイズ」を開催中。締め切りは午前11時です。まだご応募されていない方は こちら からぜひ!

  午前9時  立会人の屋敷九段が封じ手を開封。注目の一手は△3三金。新聞解説の佐々木七段も大本命として挙げていた一手だ。以下、▲3五飛→△4六歩→▲同歩→△2八角の進行が予想されていたが、藤井三冠の応手はいかに。

封じ手の一手を指す豊島竜王(左)と盤上を見つめる藤井三冠(31日)=若杉和希撮影
封じ手の一手を指す豊島竜王(左)と盤上を見つめる藤井三冠(31日)=若杉和希撮影

 藤井三冠は体をグッと前に乗り出し、盤上を見つめる。ほどなくして羽織を脱いだ。屋敷九段は「▲3五飛と引いた後も激しい変化が予想される。改めて気合を入れて読みを入れているのでは」

  午前8時46分  藤井三冠が入室。4分後、豊島竜王も対局室へ。

10月30日

<佐々木七段の1日目総括>

 「最初は定跡に沿った出だしかと思いましたが、豊島竜王が32手目で△4四銀とぶつけたあたりから未知の局面に入り、互いに手探りの状態で読みをぶつけ合う長考合戦となりました。こうした将棋は本当の力が試されます。互いの玉に攻め駒が近いので、2日目は朝から一手一手(の意味)が重く、スリリングな展開になるでしょう」

<封じ手予想>

 大本命は △3三金

 ▲3六飛は△2七角からの攻めが厳しいので、藤井三冠は▲3五飛と引くことが予想され、その後は△4六歩→▲同歩→△2八角という進行が有力です。ここで藤井三冠が▲6五歩などとすると朝から激しい展開になります。

 そのほかには、 △4六歩 も考えられます。藤井三冠が▲同歩と応じると、△3三金として、先ほどの変化に合流することになりますが、ここで藤井三冠がそのように応じるかどうかは不透明です。

 先に△3三金とするほうが、藤井三冠の手を▲3五飛と限定でき、その後の変化を一晩中考えることができるので、そちらを選ぶのではないかと思います。

  午後6時30分  豊島竜王が封じ手を持って対局室に戻る。藤井三冠がサインした封じ手の封筒を立会人の屋敷九段に渡し、1日目の対局は終了した。

封じ手を立会人の屋敷九段(左)に手渡す豊島竜王(中央は藤井三冠)=若杉和希撮影
封じ手を立会人の屋敷九段(左)に手渡す豊島竜王(中央は藤井三冠)=若杉和希撮影

  午後6時22分  豊島竜王が封じる意志を示し、用紙を持って控室に向かった。

  午後6時  封じ手の時間となったが、豊島竜王はまだ読みに没頭している。立会人の屋敷九段、観戦記者の藤井奈々女流初段が緊張した面持ちで両対局者を見つめる。

  検討室から(4)  藤井三冠の45手目、▲3四飛に検討室では「へ~」というどよめきが。

 「これは読みが入った手。後手もうかつには指せない」と佐々木七段。「この局面では▲2六飛と引くのが無難な判断。▲3四飛だと、△3三金と上がられた時に、▲3六飛と引くと、△2七角→▲3九飛→△2八銀とされて先手は厳しい。とすると、△3三金には3六の歩を取らずに▲3五飛と逃げることになるのだが、その先には何が待っているのか。ギリギリの読みが入った藤井将棋の神髄のような手で、このまま封じ手に入る可能性もある」

  午後3時  午後のおやつ。両者ともに「フェイジョアタルトとフェイジョア生ドーナツ」を注文した。いわき市で栽培されている南米原産のフルーツ「フェイジョア」の果肉をピューレにして使ったスイーツだ。

午後のおやつは両棋士とも「フェイジョアタルトとフェイジョア生ドーナツ」。飲み物は豊島竜王がグレープフルーツジュース(右奥)、藤井三冠がアイスティー(若杉和希撮影)
午後のおやつは両棋士とも「フェイジョアタルトとフェイジョア生ドーナツ」。飲み物は豊島竜王がグレープフルーツジュース(右奥)、藤井三冠がアイスティー(若杉和希撮影)

 フェイジョアを試食した佐々木七段は「キウイとグレープフルーツのいいとこ取りをした食感。これは2日続けて注文してもいいかも」と驚きの表情を浮かべた。

  午後2時40分  1時間41分の長考の末、豊島竜王が指したのは△4五銀。

 「指されてみると、なるほどという手」と屋敷九段。「▲同銀→△同歩なら、後手に△5五角の狙いが生じる。かといって、△4五銀を放置して、△5六銀→▲同歩と進むと、玉のこびんが開く気持ち悪い形に。▲同銀→△同歩のときに、もう一度▲5六銀と打つ手がきくかどうか。間違えると一気にもっていかれそうな展開なので、ここは藤井三冠もしっかり考えるのではないでしょうか。本局も2人の対局らしい、妥協なき戦いになりました」

長考に沈む豊島竜王(若杉和希撮影)
長考に沈む豊島竜王(若杉和希撮影)

  午後2時30分  昼食休憩を終えて1時間、豊島竜王の長考が続いている。藤井三冠が37手目、▲6八玉と指した局面。屋敷九段は「ここは選択肢が多い」と話す。屋敷九段が候補の一つとして上げてくれたのは(1)△3七歩成、(2)△5四歩、(3)△7三角。

 「△3七歩成は、▲同桂→△3六銀の進行が考えられるが、▲3八歩や▲3八金と受けられた時にうまく攻めが続くか心許ない。後手に歩が入ればやってみたい手です。△5四歩は後に△5五歩として、相手の銀を引かせる狙いがあるが、その瞬間、▲7九玉と玉の守りを固められたり、逆に強く出られたりする可能性もある。そのほか、相手の飛車にプレッシャーをかける△7三角も有力です」

  午後1時半  昼食休憩が終わり、対局が再開された。

昼食休憩が終わる前に着座し、盤面を見つめる藤井三冠(若杉和希撮影)
昼食休憩が終わる前に着座し、盤面を見つめる藤井三冠(若杉和希撮影)

  午後0時50分  海鮮丼には地元で水揚げされた伊勢エビの生け造りも。検討室で試食した屋敷九段は「プリプリしていて、噛んでいくと甘みが出てくる。本当においしい」と満面の笑顔を見せた。

 読売新聞オンラインでは、2日目の両対局者の注文を当てる「いわきの至高の将棋めしクイズ」を開催中。締め切りは31日午前11時。応募は こちら へ。

  午後0時30分  昼食休憩に入った。豊島竜王は前日の宣言通り「いわき七浜海鮮丼」。藤井三冠は「サンシャイントマト香る麓山高原豚ロース勝つカレー」を注文した。いずれも今回の竜王戦用に用意された特別メニューだ。

豊島竜王の昼食「いわき七浜海鮮丼」。旅館のサービスで「伊勢エビ」がつけられた(若杉和希撮影)
豊島竜王の昼食「いわき七浜海鮮丼」。旅館のサービスで「伊勢エビ」がつけられた(若杉和希撮影)
藤井三冠の昼食「サンシャイントマト香る麓山高原豚ロース勝つカレー」(若杉和希撮影)
藤井三冠の昼食「サンシャイントマト香る麓山高原豚ロース勝つカレー」(若杉和希撮影)

 1日目午前中の戦いについて、佐々木七段に振り返ってもらった。

 「藤井三冠の先手で角換わりとやや意表を突く展開だったが、ここまでは研究の範囲で進んでいるのではないでしょうか。戦いの分岐点となった△8六歩の局面で、藤井三冠が▲同銀としたことで、先手は歩得を生かして受けにまわる展開となりました。逆に後手はここで戦いを起こさないと、歩損をしているだけに先手にじわじわと押し込まれる展開になります。形勢は互角ですが、後手の方がどう戦いを起こすか悩ましい局面で、次の豊島竜王の1手が注目されます」

  検討室から(番外編)  検討室では空いた時間を利用して、立会人の屋敷九段ら関係者が色紙に揮毫している。こちらは屋敷九段が色紙に書いた詰将棋。九手詰めなのだそう。みなさんは解けますか?

屋敷九段が出題した詰将棋
屋敷九段が出題した詰将棋

  午前10時30分  対局室にいた観戦記者の藤井奈々女流初段が検討室に戻ってきた。今回、午前、午後のおやつは対局室に持ち込まれることになっている。「おやつを食べる光景ってこれまで見たことがなかったのですが、豊島竜王がお皿に山盛りになったフルーツを完食されていて、びっくりしました」

  検討室から(3)  30手目、豊島竜王が△8六歩と突いたところで、藤井三冠がこの対局で初めて、まとまった時間をかけて考えている。「序盤の分岐点。▲同歩なら△8五歩として、攻め合いの可能性になる局面。▲同銀なら先手はやや受けにまわる展開。優劣というわけではなく、好みの問題ですが、選択によって全く違う将棋になります」と佐々木七段。藤井三冠は▲同銀を選択した。

  午前10時  対局会場の「新つた」で記念将棋大会がスタート。S、A、ジュニアの3クラスに分かれて48人がエントリーし、将棋を楽しんだ。31日に大盤解説を担当する伊藤真吾六段と聞き手の山口恵梨子女流二段も特別アンバサダーとして、大会を盛り上げる。

  午前10時  午前のおやつの時間。豊島竜王はいつも通り、「フルーツフルーツ盛り合わせ」(石河屋)。藤井三冠は、いわき銘菓の「じゃんがら」(お菓子のみよし)。

 読売新聞オンラインでは現在、2日目の両対局者の食事を予想する「いわきの至高の将棋めしクイズ」を開催中。正解者の中から3人に「福島のりんご」が贈られる。詳しくは こちら

  検討室から(2)  戦いは先手の藤井三冠が▲4六銀、豊島竜王が△6四銀と上がり、相早繰り銀に。「これまで藤井三冠が、角換わり早繰り銀を受けてたつケースは見たことがありますが、先手で仕掛けていくことはあまり見たことがない」と屋敷九段。「自ら選んだということは、深い研究があるのでしょうから、どんな手が飛び出すか楽しみです。展開的にはじっくり組み合うこともあれば、居玉のまま駒がぶつかるスリリングな展開も考えられますが……」と話していると、藤井三冠が27手目で▲3五歩。

  検討室から(1)  10手目△7七角成で戦型は「角換わり」に。前日の前夜祭では本命の「相掛かり」に対する二番目の候補としてあがっていた戦型だ。新聞解説を務める佐々木慎七段は「ここ最近二人の対局では相掛かりが続いているので、ここらで違う趣向をということなのでしょうか。ただ、十分予想された戦型なので、今回は角換わりの最新の研究合戦が見られると思います」と話した。

  午前9時  立会人の屋敷伸之九段の「定刻になりました」の合図で対局開始。藤井三冠は初手「お茶」から、▲2六歩と飛車先の歩を突き出した。豊島竜王は△8四歩。これまでの2局と同じ出だしだが、藤井三冠の3手目は▲7六歩。豊島竜王はそれを見て、腕組みをする。これまでの相掛かりとは違う角換わり志向の出だしだ。

初手を指す藤井三冠(左)と豊島竜王(30日午前9時)=若杉和希撮影
初手を指す藤井三冠(左)と豊島竜王(30日午前9時)=若杉和希撮影

  午前8時54分  豊島竜王が対局室へ。懐中時計を置き、着物の襟を整える。

  午前8時48分  藤井三冠が対局室入り。着座し、いつものように扇子を手前に置く。

対局室の窓からの景色(30日)=若杉和希撮影
対局室の窓からの景色(30日)=若杉和希撮影

10月29日

  午後6時  会場となる「新つた」で前夜祭。決意表明で藤井三冠は「福島のおいしい食べ物、温泉を楽しみつつ、ファンのみなさんに喜んでもらえる対局にしたい」、続いて豊島竜王は「昨年、アクシデントで対局が中止になった時も、(福島の方々に)温かくもてなしていただいた。自分なりに精いっぱい指し、大盤解説や中継で楽しんでいただきたい」と話した。

前夜祭で決意表明を行う豊島竜王(右)と藤井三冠(若杉和希撮影)
前夜祭で決意表明を行う豊島竜王(右)と藤井三冠(若杉和希撮影)

  午後4時55分  対局室で検分。駒や照明、室温などを確認して、5分ほどで終える。

  午後3時30分  対局が行われる「新つた」に到着。拍手で迎えられる。

  午後2時25分  いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」へ。魚市場や「3・11 いわきの東日本大震災展」を見学した。

「いわき・ら・ら・ミュウ」で東日本大震災に関する展示を見る豊島竜王(右)と藤井三冠(若杉和希撮影)
「いわき・ら・ら・ミュウ」で東日本大震災に関する展示を見る豊島竜王(右)と藤井三冠(若杉和希撮影)

 豊島竜王は報道陣の取材に「活気があって、おいしそうな魚がたくさんあった。海鮮丼を食べるのが楽しみ」と話し、「昨年は福島対局がなくなったので、楽しみにされている方が多いと思う。熱戦にしたい」と意気込みを語った。

大きなエビに笑顔を見せる(若杉和希撮影)
大きなエビに笑顔を見せる(若杉和希撮影)

 藤井三冠は「震災当時は小学生。改めて被害の大きさ、復興に向けた歩みを知ることができて勉強になった」。いわきでの将棋めしについては「海鮮丼を食べてみたいと思っていたが、先に(豊島竜王に)言われてしまったので、工夫を見せないといけない」とユーモアたっぷりに話し、周囲を笑わせた。

  午後2時  いわき市到着

藤井聡太竜王に関する最新ニュースはこちら
スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
2481264 0 竜王戦 2021/10/29 15:50:00 2021/11/26 08:27:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211030-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)