竜王戦本戦「右の山」出場棋士の知られざる素顔[山口恵梨子の将棋がちょっと面白くなる話]

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年もいよいよ竜王戦本戦(決勝トーナメント)が始まりました。読売新聞でも特集記事が組まれていましたね。藤井竜王へのインタビューが大きく取り上げられて、誰が勝ち上がってくるかの本命予想まで! その他に本戦出場者全員の紹介&本人コメントが掲載されていました。一将棋ファンとしてとても面白かったです。 記事 は読売新聞オンラインにもアップされていますので、気になった方はご覧ください。

竜王戦ドリームはついえても、“匠”の技見せた伊藤五段[山口恵梨子の将棋がちょっと面白くなる話]

 ということで、今回からは何回かに分けて、“山口目線”で竜王戦本戦の出場棋士や対戦カードについてお話ししていこうかなと思います。

酒席で困っていた私にさりげなく助け船…森内九段

 まず注目したいのは一番右の山の戦い。1回戦は2組2位の森内俊之九段対3組優勝の高見泰地七段。勝ち上がった棋士は2回戦で1組2位の佐藤天彦九段と対戦することになります。

 トーナメント表は こちら >>

「鉄板流」は今も健在であることを示した森内九段(若杉和希撮影)
「鉄板流」は今も健在であることを示した森内九段(若杉和希撮影)

 森内九段と高見七段は昔、練習将棋を指されていたというのを公言されていますよね。お二方とも人柄が温かく、後輩に慕われている棋士でもあります。

 森内九段は将棋だけでなく、人としても本当に尊敬しています。今でも忘れられないのが、私が20代前半だった頃の酒席での出来事です。同席者からお酌をするように言われて、困っていた私を見て、森内九段が「私に任せてください」とおっしゃって、一番酔っている人の隣に座り、タイトル経験者でありながら、女流棋士である私の代わりに、全員分、お酌をしてくださったんです。しかも、その所作もすごくさりげなく、自然で、本当にすごいなと思いました。

出張先でどんどんファンが増える…高見七段

 高見七段とは普及の現場で一緒にお仕事をする機会が多いです。東京のスタジオでも、地方へ行っても、将棋ファン一人ひとりにいかに将棋を楽しんでもらえるかを考えていて、それと並行して対局でも結果を出しているのが素晴らしいなと思っています。以前、このコラムでも書きましたけど、「普及の努力」と「対局の努力」って全然、別物なので、それを両方、大切にするのは至難の業なんですよね。だけど、高見七段の場合、一緒に地方出張に行くと、帰るまでの間に熱心な高見ファンがどんどん増えていくんです。人柄や将棋への思いの強さがなせる業だと思います。

 お二方とも矢倉の第一人者。どちらが先手になっても矢倉を予想します。

山形県天童市で行われたスター・ウォーズ将棋イベントに参加した高見七段(右)。対局の時と違って柔らかな表情をしている (山口さん提供)
山形県天童市で行われたスター・ウォーズ将棋イベントに参加した高見七段(右)。対局の時と違って柔らかな表情をしている (山口さん提供)
鋭い目つきで対局に臨む高見七段(若杉和希撮影)
鋭い目つきで対局に臨む高見七段(若杉和希撮影)

引き出しが多く、トークが抜群に面白い…佐藤天九段

 その先で待つ佐藤天九段もトップ棋士でありながら普及活動に尽力されている棋士のひとりでしょうか。ファッション、絵画、音楽に造詣が深いことが取り上げられがちですが、とにかくトークが面白い先生です。それでいて将棋もめちゃくちゃ強いので、解説はまさにショータイムと言った感じ。

華麗なファッションでも注目を集める佐藤天九段(若杉和希撮影)
華麗なファッションでも注目を集める佐藤天九段(若杉和希撮影)

 なんでこんなに面白いのかなと考えたのですが、様々な趣味を通じて、得られたのでしょうか、 語彙(ごい) 力と知識量が抜群なんですよね。解説者って、現在の局面や対局者の考えを将棋ファンの皆さんにわかりやすく伝える、いわば「翻訳者」のような役割だと思うんですけど、佐藤九段はその伝え方の引き出しがめちゃくちゃ多いんです。局面の解説でも、頭の中で解釈してから、それを人に伝わりやすいように自分の言葉に置き換えてくださるので、個性的なのにわかりやすい。まだ佐藤先生の解説をご覧になっていない方はぜひ! 将棋の方では、相掛かり、横歩取り系の将棋の第一人者で後手番を苦にしない先生という印象があります。

 というわけで、今回は竜王戦本戦の右の山から、“わたし目線”で対局者を紹介してみました。次回も同じテーマで七番勝負進出を目指す棋士のみなさんを紹介していこうと思います。竜王戦本戦にぜひご注目ください!

プロフィル
山口 恵梨子( やまぐち・えりこ
 日本将棋連盟所属の女流棋士。堀口弘治七段門下。16歳で女流棋士となり、2010年に初段、16年二段に昇段。白百合女子大学卒。将棋が好きな人のためになる情報満載の「 女流棋士 山口恵梨子ちゃんねる 」をYouTubeに開設。ツイッターは @erikoko1012

竜王戦特設ページトップへ
スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
3124797 0 竜王戦 2022/06/30 10:00:00 2022/06/30 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT8I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)