風のように舞い、佐藤天九段快勝…対阿部健七段戦観戦記

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

竜王戦特設ページはこちら>>

第1譜

1組1回戦
(先)七段 阿部健治郎 × 九段 佐藤天彦
▲7六歩 1 △8四歩 1
▲6八銀 … △3四歩 2
▲7七銀 … △6二銀 3
▲2六歩 1 △4二銀 …
▲7八金 … △3二金 …
▲4八銀 1 △4一玉 …
▲3六歩 … △7四歩 …
▲2五歩 … △3三銀 …
▲4六歩 5 △8五歩 5
▲4七銀 … △7三銀 6
▲5六歩 3 △3一角 …
持ち時間各5時間
△0時間17分 ▲0時間11分 22手

寄せ切るかしのぎ切るか、紙一重の攻防…永瀬王座×佐藤天九段観戦記

こだわり

 「ゴー」という風の音が対局室の窓をたたく。東京・将棋会館の玄関には門松が飾られていた。

 先に入室した阿部の盤側にはペットボトルのお茶と東北のリンゴジュースが並ぶ。阿部の出身地は山形だ。ほどなくして入室した佐藤は座布団、そして 脇息きょうそく を手に対局室を出て、足早に戻った。対局用の座布団は数種類あるので、換えることはよくあるが、脇息まで対局者自身が選ぶことは見たことがない。この竜王戦1回戦が両者にとって2021年最後の対局となる。 掉尾ちょうび を飾るのはどちらか、こだわりを見せる2人の一局は、阿部の▲7六歩で始まった。

 戦型は矢倉に進み、▲4六歩~▲4七銀と構える。「米長矢倉」とも呼ばれる急戦策だ。対して佐藤は△7三銀~△3一角と対抗。「5筋を突かず、争点を作らない現代風の駒組みです」と阿部は話した。(高野秀行)

座布団と脇息を取り換える佐藤九段=吉田祐也撮影
座布団と脇息を取り換える佐藤九段=吉田祐也撮影

第2譜

1組1回戦
(先)七段 阿部健治郎 × 九段 佐藤天彦
▲4五歩 17 △5四歩 1
▲7九角 … △6四角 16
▲4六銀 … △7五歩 6
▲同 歩 6 △8四銀 …
持ち時間各5時間
△0時間40分 ▲0時間34分 30手

突っ張った作戦

 研究家として棋士仲間から一目も二目も置かれる阿部。竜王戦1組在籍は今期で連続6期目だ。2021年度は勝率が上がらず不振だが、大きな一番を勝てば調子は戻るもの。きっかけの一局として格好の舞台である。

 「この形はよく指します」という阿部には用意の作戦があった。それが「突っ張った」という▲4五歩。▲3七桂なら無難だが、▲7九角~▲4六角の理想形をいち早く目指すのが狙いである。しかし、先手は陣形を安定させるには時間がかかる。それを許すまいと出た△6四角が機敏な一着だ。「△7五歩▲同歩△同角も有力だと思いましたが、受け方が悩ましいのでは」と佐藤は話す。

 △8四銀を見て阿部が23分考え、昼食休憩となった。素早い動きが後手の駒に躍動感を与えている。さて、どう受けるのか。苦悩の時間は再開後も続いた。(高野秀行)

自席にお茶を運ぶ阿部七段
自席にお茶を運ぶ阿部七段

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
2780805 0 観戦記 2022/02/28 05:00:00 2022/05/20 09:40:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220221-OYT8I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)