居飛車最前線への回帰、佐藤天九段の現在地…対八代七段戦観戦記

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第3譜

1組準決勝
(先)九段 佐藤天彦 × 七段 八代弥
       △4五歩 33
▲同 歩 1 △4六歩 2
▲同 銀 … △1三角 1
▲4七金 … △5五銀 1
▲同 銀 … △同 歩 …
▲3八銀 … △9五歩 14
▲同 歩 … △5四銀 …
▲6九玉 12 △6五銀 47
▲7八金 48 
持ち時間各5時間
△2時間10分 ▲1時間30分 61手

寄せ切るかしのぎ切るか、紙一重の攻防…永瀬王座×佐藤天九段観戦記

安易さを後悔

 現在の将棋界はAI研究が全盛で若手棋士はその傾向が強いが、八代は違う。「自分の感覚を最上位に置いている」

 図で八代は△4五歩と仕掛けた。▲同歩△4六歩▲同銀に△1三角。中央で銀交換の後、佐藤は▲3八銀。一方的に手放すがノータイムだった。

 「部分的に前例がある形」と佐藤。その将棋を調べ、▲3八銀もAI推奨の手と知っていた。

 まだ互角だが、八代は嘆く。「▲4五同歩に△同桂▲同桂△4四歩も互角とわかっていたのでそれしかなかった。本譜は前例を選んだがあまり深掘りしておらず、しかも相手に準備があった」。自分を信じず、前例に頼ってしまったのだ。

 なお佐藤は「△4五同桂の変化は知りませんでした」。(大川慎太郎)

マスクをつける八代七段
マスクをつける八代七段

第4譜

1組準決勝
(先)九段 佐藤天彦 × 七段 八代弥
       △5六歩 1
▲5五角 1 △5七歩成7
▲同 銀 2 
持ち時間各5時間
△2時間18分 ▲1時間33分 65手

攻防の見せ場

 八代が今期ランキング戦1組の初戦で稲葉陽八段に勝利した際、あることが話題になった。順位戦C級2組に在籍しつつ竜王戦1組を2期経験するのは八代が初という。

 「その記録は知っていました」と八代は苦笑する。それだけ若手の競争が激しいことの証明だろうが、「竜王戦がデキすぎなんだよ、という意見があってもいいような気がしますけどね」と八代は冗談交じりに語った。

 後手の攻めを先手が受け止める展開だ。歩切れの後手はどう手を作るか腕の見せどころである。

 八代は△5六歩と突き出した。AIは△5四銀と戻る手を推奨するが、それでは直前に銀を出た意味がない。佐藤は▲5五角。AIは▲3三角成△同金▲2五桂を推奨するが、「角切りはやりにくい。角を封じ込められたままだとつらいので出た」と言う。後手は指了図でどう攻めをつなげるか。(大川慎太郎)

盤面を見つめて考える佐藤九段
盤面を見つめて考える佐藤九段

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
2992864 0 観戦記 2022/05/19 05:00:00 2022/05/20 17:44:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220512-OYT8I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)