野球観戦をもっと深く、もっと楽しく!~リアル巨人戦予想ゲーム「INNING KING」始動!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球ファンのみなさん! ついに待ちに待ったシーズンの開幕です。今年は新型コロナウイルスの影響で当面、球場での観戦はできませんが、読売新聞オンラインで、おうちでの野球観戦がより楽しくなるゲームがスタートします! リアル野球予想ゲーム「INNING KING(イニングキング)」――。全国の野球通と“野球を読む力”を競う参加無料のオンラインゲームです。イニングキングはこちらから!

◆ヒットや得点、どのイニングに? 決めたら「ビリーブ」→予想的中でメダルゲット!

 INNING KINGは、プロ野球の試合展開を先読みし、予想がどれだけ的中したかを競うゲームです。

 参加者は画面に表示されるデータなどを基に、得点やヒットが生まれるイニングを予想。手持ちのメダルをそのイニングに置きます(ゲーム内では「ビリーブ」と呼びます)。

 的中したら、得点・安打数に応じてメダルをゲット! ゲーム内では全国の参加者の成績がランキング化され、年間や月間を通じて、どれだけメダルを増やしたかを競います。

 参加は無料で、予想の対象は読売巨人軍の主催試合。参加者には試合当日のゲームへのログインで1試合ごとにメダル100枚が配布されるため、全ての対象試合で予想をお楽しみいただけます。

 あなたの「野球読解力」はどのレベルにあるのか、腕試ししてみませんか?

◆メダル どんどん増やそう

 得点は1点あたり5ポイント、安打は1安打あたり2ポイントとし、イニングの合計ポイントを算出。予想があたれば、(ビリーブしたメダル数)×(イニングの合計ポイント)のメダルが得られる。

 (例)3回裏にメダル10枚をビリーブし、2得点3安打が生まれた場合
 10枚×(2×5ポイント+3×2ポイント)=160枚

◆イニングキング ここが面白い!

〈1〉ビリーブは各イニング開始直前まで可能

 得点や安打が出るイニングを予想する「ビリーブ」は試合当日の午前7時から、各イニングの開始直前まで可能です。投手交代など試合の流れを読み解きながら、予想することができます。

〈2〉ビンゴゲームも同時開催

 INNING KING と同時に開催されるビンゴゲーム「背番GO BINGO」がオススメ。参加者には毎試合1枚ずつ、選手の背番号などが入ったビンゴカードが配布され、背番号の選手がヒットを打つなど、応援するチームが活躍するとマスが開き、ラインができるとメダルを獲得できます。

〈3〉成績優秀者には表彰やプレゼントも

 全国の野球通で野球を読む力=「野球読解力」ナンバー1を競う今回のゲーム。成績優秀者は読売新聞本紙で発表され、ステキなプレゼントも予定されています。年間・月間の総合ランキングに加え、得点王、安打王などチャンスは多数あります。

◆読者会員ならチャンス拡大

会員形態によってキャラクターも変化します。左からビリーバー、ビリー、ビー

 INNING KINGは、無料のユーザー登録を行えば誰でも参加できますが、読売新聞オンライン会員はよりゲームを有利に進めることができます。

 通常、1試合あたりにできる予想は3回なのに対し、読売新聞オンラインの読者会員は1試合あたり7回も予想が可能に!

 まだ読者会員登録がお済みでない方は、今すぐ会員登録を!

・読者会員=ビリーバー(ビリーブ7回まで)
・一般会員=ビリー  (ビリーブ5回まで)
・非会員=ビー    (ビリーブ3回まで)

◆ゲームを始めるには

 まず、手順に従い、ゲームへのユーザー登録を行います(この際に使うメールアドレス、パスワードは自由にお選びください)。登録を終えると、1試合で3回ビリーブできる「ビー会員」からランクアップできる画面=写真=が出てきます。ここから「読売IDを入力する」に進み、普段、読売新聞オンラインでお使いいただいているIDとパスワードを入力してください。

◆ゲームについてのお問い合わせ

support@inningking.jp

※電話での問い合わせは受け付けていません。

イニングキングはこちらから!

野球観戦、データでさらに面白く!~運動部記者に聞く

 

無断転載禁止
1298251 0 イニングキング 2020/06/26 15:00:49 2020/06/26 16:30:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ