読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野球観戦、データでさらに面白く!~運動部記者に聞く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ナイターでは原稿の締め切りに追われ、試合後にじっくり取材する時間はない。どの選手が活躍し、どんなテーマの記事になりそうかをイメージするには、事前のデータ確認が大切だ。

 よく参照するのは、日本野球機構(NPB)の記録システム「BIS」。相手との対戦成績やカウント別打率などを確認できる。事前取材にこうしたデータを加味して、試合展開を読む。

 巨人の坂本が昨年5月の阪神戦で、通算200号本塁打を放った記事もそうだった。相手先発は変則サイドスローの青柳。坂本は開幕から絶好調でリーグトップの16本塁打をマークしていたが、青柳に対しては当時の通算打率が1割1分1厘と大の苦手。このデータを基に、両者の対戦が試合のカギを握ると注目した。

通算200号となるソロを放つ巨人・坂本勇(19年5月撮影)

 結果は第2打席にリードを広げる通算200号。投ゴロ併殺打の第1打席から、脚を上げる高さを抑えた打撃フォームに微修正し、タイミングの取り方を工夫していたのだ。記事では、この臨機応変な対処を取り上げた。事前準備がなければ、試合中のフォーム変更を見抜けなかったかもしれない。

 データ通りに結果が出ない勝負に、プロのすごみが見え隠れすることもある。様々なデータに注目することで、試合の見え方が変わってくる。(運動部巨人担当・林宏和)

イニングキングはこちら!

イニングキングの遊び方・登録方法はこちら!

無断転載・複製を禁じます
1299969 0 イニングキング 2020/06/26 14:45:01 2020/06/26 16:32:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)