野球観戦、データでさらに面白く!~運動部記者に聞く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ナイターでは原稿の締め切りに追われ、試合後にじっくり取材する時間はない。どの選手が活躍し、どんなテーマの記事になりそうかをイメージするには、事前のデータ確認が大切だ。

 よく参照するのは、日本野球機構(NPB)の記録システム「BIS」。相手との対戦成績やカウント別打率などを確認できる。事前取材にこうしたデータを加味して、試合展開を読む。

 巨人の坂本が昨年5月の阪神戦で、通算200号本塁打を放った記事もそうだった。相手先発は変則サイドスローの青柳。坂本は開幕から絶好調でリーグトップの16本塁打をマークしていたが、青柳に対しては当時の通算打率が1割1分1厘と大の苦手。このデータを基に、両者の対戦が試合のカギを握ると注目した。

通算200号となるソロを放つ巨人・坂本勇(19年5月撮影)

 結果は第2打席にリードを広げる通算200号。投ゴロ併殺打の第1打席から、脚を上げる高さを抑えた打撃フォームに微修正し、タイミングの取り方を工夫していたのだ。記事では、この臨機応変な対処を取り上げた。事前準備がなければ、試合中のフォーム変更を見抜けなかったかもしれない。

 データ通りに結果が出ない勝負に、プロのすごみが見え隠れすることもある。様々なデータに注目することで、試合の見え方が変わってくる。(運動部巨人担当・林宏和)

イニングキングはこちら!

イニングキングの遊び方・登録方法はこちら!

無断転載禁止
1299969 0 イニングキング 2020/06/26 14:45:01 2020/06/26 16:32:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ