[人生案内]夫 SNS上だけイクメン

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代女性会社員。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で「イクメン」アピールをする夫にうんざりしています。

 子どもの保育園が決まり、私は時短勤務で職場復帰しました。夫は仕事が忙しくて疲れているとして、平日は家事や育児をほとんどしません。朝、私が出勤準備をする15分くらいの間、子どもを見る程度です。

 腹が立つのは、その15分間や休日に子どもを撮影し、24時間以内に消えるSNSに投稿することです。それだけ見ると、いい人に見えます。

 夫にもっと育児に参加してほしいと言うと、「周りからこんなにやっている人はいないと言われる」と答えます。投稿する「すてきなパパ像」を本物の自分と勘違いしているようです。

 周囲に相談しても「SNSで見ると、いいパパ」と言われ、とてもつらく感じます。(神奈川・T子)

 ◇野村 総一郎(精神科医)

 家事や育児をほとんどしないのに、SNSに画像を投稿して、自分をまるでイクメンのように見せかけるご主人。あなたはこのインチキぶりが許せない。それに加えて、周囲の人がご主人のSNSを信じているのも、腹立たしいわけです。

 ご主人にとっての家族は、自分の評価を上げるための道具みたいな存在で、今後も全く力になってくれそうもないですね。これからのことを考えると、対話を諦めるべきでないというのは正論なのですが、現実にはそれは期待薄と言わざるをえません。

 ここは考え方を変えてみては。家に居るのはもはや夫などというものではない。何もしない、言ってみればペットのようなものではなかろうか。そう考えると、給料を運んでくれる貴重なペットのように見えてきませんか?

 多少かわいくない面もありますが、こんな存在は他にいないでしょう。実にありがたいです。この発見によって、多少気が楽になるというものです。

 ご主人をすごく良い人と確信している周囲の人についても、「ペット好きのご近所さん」と見なせば、まだ許せる存在に見えませんかね? 後はあなたが、それで本当に彼を許せるのかどうかです。

440454 1 人生案内 2019/02/13 05:00:00 2019/02/13 05:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ