読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]結婚20年 夫婦生活がない

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の女性。50代前半の夫と長年、夫婦生活がありません。

 20年前、出会って数か月でスピード結婚し、直後に妊娠しました。自営業の夫は結婚式の翌日から付き合いなどで不在が多く、夫婦の営みはゼロ。結婚直後に妊娠・出産できたのは、奇跡だったと思います。

 不満を押し隠して家事や育児、夫の自営業の手伝いを続けましたが、ノイローゼ状態になるほどの苦しみでした。寂しさを伝えても「またその話? ママは頭がおかしい!」と怒り出す始末。数年に一度、私が感情を爆発させ、夫婦生活を持つこともありますが、その後も状況は改善されません。夫はネットカフェやスマホでAVを見ているようで、私にだけ性欲を感じないようです。

 心が完全に壊れてしまいました。子どもの病気や仕事などを考えると、家から出られません。夫は金のなる木と考えるしかないのですか。(埼玉・M子)

 ◆出口 治明(大学学長)

 20年間、さぞ苦しかったことでしょう。随分お悩みになったことと思います。でも、この相談を投稿されたということは、前に進む気持ちが出てきたということですよね。

 確かに、今のままでは良くないと思います。感情を抑えて生活していたら、心が壊れるのは当然です。あなたはまだ40代で、人生100年時代の折り返し地点にも達していません。

 まず、20年もあなたが耐え忍んできたことをご主人に伝え、話し合うべきだと思います。「あなたは私をパートナーとして考えていない」「あなたは私の頭がおかしいというが、それはあなたの考えで、私は夫婦生活はとても大事なものだと思う」と丁寧かつ率直に話してみてはどうですか。

 それでもご主人はあなたを理解できないというのなら、しっかりと準備をして別れるという選択肢もあると思います。たとえば1年後の離婚を想定して、子どものことや仕事について計画を立て、準備を進めるのも一つの方法です。場合によっては弁護士に依頼してもよいでしょう。

 あなたはまだ若く、未来には可能性が広がっています。自立のチャンスはきっとあると思います。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1224269 0 人生案内 2020/05/17 05:00:00 2021/05/17 11:18:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)