[人生案内]認知症の妻と別居 つらい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代後半のアルバイト男性。認知症の妻と離れて暮らし、つらいです。

 妻は入院中で、私や子どもたちの顔もわからなくなっています。入院する前には、息子に「階段から突き落としてくれ!」と叫んだこともあるようですし、私にも再三「死にたい」と言っていました。自宅で食事をしたりテレビを見たりしていても、今ごろ妻はどうしているだろうかと気になり、罪悪感で苦しいです。

 家での介護は無理だと担当医から言われ、退院後の入居施設を子どもたちと探しています。この先も共に暮らすことはできないでしょう。結婚して子どもを育て、家を買い、孫もでき、定年後は悠々自適という先に、こんな落とし穴があるとは思いもしませんでした。

 家族の会にも何回か参加しましたが、妙案はありませんでした。この年になって、どう生きていくか悩んでいます。(京都・O男)

 ◆樋口 恵子(評論家)

人生案内への相談はこちら
残り:496文字/全文:872文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1450205 0 人生案内 2020/09/03 05:00:00 2020/09/14 17:45:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ