[人生案内]余命短い父の態度に不満

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女性。60代の父が余命宣告されました。でも、どうしても父の態度に腹が立ってしまいます。

 父はがんの摘出手術を受け、経過は良好ですが、別の病気も判明。担当医らの意見では「余命は長くても数年」とのことです。今は家で療養しています。

 母も私も弟も働きに出ており、同居する祖父母も高齢です。書店などには出かけるのに自分の食器すら洗わない父に対し、「できる範囲でいいから家事もやってほしい」という気持ちが抑えられません。言えば少しやってくれますが、少しやっただけで「偉いだろう」という目で見てきて、まるで子どものようで正直うっとうしいです。

 働きながら父の通院にも付き添う母まで倒れてしまわないよう、父にも家庭という小さな社会に参加してほしい。うまく気持ちを伝えるにはどうしたらいいでしょうか。(栃木・T子)

◇最相 葉月(ライター)

人生案内への相談はこちら
残り:503文字/全文:874文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1455366 0 人生案内 2020/09/05 05:00:00 2020/09/14 17:46:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ