[人生案内]早期退職後の生き方考える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の女性団体職員。この先の生き方について考えています。

 ものづくりが好きで、大学では美術を専攻しました。でも、趣味として楽しみたかったので、仕事は安定した事務職を選び、現在も続けています。趣味を楽しむことが働く理由になっていたのですが、趣味は次第に縮小気味に。特に好きではない仕事を続けることに疑問を持ち始めました。

 子どもの進学費用や住宅ローンなどのめどが立ち、数年後からは共働きをしなくてもよさそうです。夫は、特技をいかしたり楽しんだりした方がいいと勧めてくれますが、夫に何かあったらと思うと、安定した仕事を手放す気になれません。

 5年後に早期退職の対象になるので、それを区切りに判断したいと思っています。取り組むべきことや、何をポイントに考えたらよいか、ご助言いただきたいです。(福岡・A子)

◇出口 治明(大学学長)

人生案内への相談はこちら
残り:493文字/全文:862文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1507197 0 人生案内 2020/09/29 05:00:00 2020/09/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ