[人生案内]妻子ある人と交流続ける?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の主婦。妻子ある男性との交流について相談します。

 両親は私が10代の頃に亡くなり、近所の方が部屋を与えてくださって、私はその家の子守やお手伝いをしました。成績が良かったので高校にも行かせてくださいましたが、大学までは進めませんでした。23歳で良縁に恵まれましたが、私が40代の頃に夫は病死。朝も夜も必死で働き、2人の子どもは大学まで通わせることができました。現在は何の心配もありません。

 ようやく余裕ができた数年前に、妻子ある方と知り合い、話をしたり食事をしたりするようになりました。経済的な援助は全く受けていません。ただ、最近は彼の家族の自慢話が増え、会うのをやめようかと思っているのですが、やさしい言葉に気持ちが負けてしまいます。どのように離れるのがよい方法でしょうか。(茨城・K子)

◆樋口 恵子(評論家)

人生案内への相談はこちら
残り:503文字/全文:866文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1538037 0 人生案内 2020/10/11 05:00:00 2020/10/11 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ