[人生案内]感染対策 理解ない義母

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30代の男性会社員。新型コロナウイルスの感染対策について、義母への対応に苦慮しています。

 里帰り出産のために、妻の実家に帰省した際のことです。義母はマスクをせずに地域の行事に参加したり、感染症対策が十分ではなさそうな居酒屋で懇親会を開こうとしたり。妻や義父から注意してもらい、私も同じ考えだと伝えました。

 しかし、義母は「田舎だから感染対策は必要ない」と言い、自分の行動が周囲を不安にさせているとは考えません。逆に、いつも通りに皆をもてなそうとしたのに何度も注意された、と意固地な態度になってしまいました。

 もともと、妻の家族は義母の扱いに慎重で、神経を逆なでしないように接してきたそうです。ただ、妻や生まれてくる子どものことを思えば、感染症対策は徹底してほしい。私も言うべきことは言うつもりですが、義母の矛先が妻に向かうのではないかと心配です。

 新しい生活様式を義母に理解してもらうためには、どうすればいいのでしょうか。(山梨・S男)

◇海原 純子(心療内科医)

人生案内への相談はこちら
残り:440文字/全文:878文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1552140 0 人生案内 2020/10/16 05:00:00 2020/10/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ