[人生案内]夢だった教師 1年で辞める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の女性。人生の処し方を教えてください。

 学校の職員として長年勤務するうち、教師という職業にあこがれを抱くようになり、30代後半にして教師を目指すと決心。教師になるための勉強と仕事と子育ての3者並立は、難病も抱える私には過酷を極めましたが、無事に教員免許を取得し、採用もされました。

 しかし、うまくいかないことだらけ。指導の難しい子どももおり、授業が成り立たない時もありました。採点などの事務作業も他の先生方のようなスピードでこなすことができず、持ち帰りの仕事も多いために家族や自分のために使える時間は全くありません。

 自信を失い、体調も悪化して、わずか1年で辞めました。今はまた前の学校で職員として働いています。新しい趣味やボランティアも始めてみましたが、挫折感が消えません。これからの人生、どのような心持ちで生きていったらよいでしょうか。(大阪・Y子)

 ◇山田 昌弘(大学教授)

人生案内への相談はこちら
残り:475文字/全文:874文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1556541 0 人生案内 2020/10/18 05:00:00 2020/10/18 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ