[人生案内]子育て後悔 今も苦しみ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 60代後半の主婦。30代の息子2人はいずれも結婚し、近くに住んでいます。いまだに子育ての後悔で苦しくなることがあります。

 次男は生後まもなく大病をしました。発熱したのに「風邪だろう」と考えて寝かせてしまい、激しいひきつけを起こしたため、おんぶして慌てて病院に駆け込むことに。数年間は病院に通いました。

 一方、健康な長男には目配りがおろそかになり、転校先でいじめられていたことも気づかず、パートで帰宅が遅い時も、平気で小学生の長男に一人で留守番させていました。我慢していたのでしょう、弟や私に当たることもありました。

 長男は成人してから「おかんが気にしていることはわかっている。でも、もう気にせんでいい」と言ってくれたことがあります。でも自分が許せない。情けない母親にひと言お願いします。(東京・C子)

◇大日向 雅美(大学学長)

人生案内への相談はこちら
残り:502文字/全文:870文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1563722 0 人生案内 2020/10/21 05:00:00 2020/10/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ