[人生案内]夫が女性に親身なメール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の女性。同年代の主人が、ある既婚女性とメールをやり取りしていたのを知りました。許せません。

 主人の了解のもと、送信済みメールなどを見て、主人の気持ちを吐露した文章を読みました。相手が病気になり、元気になってほしい一心のメールだったと言いますが、読んだらとても平静ではいられない感情が表現されていました。

 この1か月ほど夫婦で話し合いましたが、主人は「愛とか恋ではなく、何げないやり取りで気持ちが癒やされた。だから病気になった彼女を精いっぱい励ましたかった」と言い、考え方がかみ合いません。今はようやく「メールも電話も絶対しない、自分のやったことは裏切りだ」と反省していますが、私は今も許せない気持ちです。

 ただ、言い合ってばかりいても、この先の人生をつまらないものにしてしまいそうなので、ざわつく気持ちを押し殺しています。

 私の心の持ちようを助言いただけたらと思います。(千葉・M子)

◇出口 治明(大学学長)

人生案内への相談はこちら
残り:443文字/全文:856文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1589168 0 人生案内 2020/10/30 05:00:00 2020/10/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ