[人生案内]60代夫が恫喝、平手打ち

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代のパート女性。60代の主人の言動についてです。

 結婚当初から気が短い人で、けんかをすると大声でどなり、私が謝るまで口をきかないことも。でも、年を重ねるにつれて頻度は少なくなっていました。

 ところが、この1年ほどで、再びささいなことで激高するようになりました。初めて平手打ちをされ、「俺が本気になったらどうなるかわかっているのか」「殺されたいのか」と恫喝どうかつされました。テレビのチャンネルを替えろと言われてすぐやらなかった時は、「言うことを聞け」とコショウの瓶を投げつけられ、子どもが自室に引き揚げた後で平手打ちをされました。

 職場にも、ささいなことでどなり散らす年配の男性が何人もいます。年をとって怒りが抑えられなくなるのは病気でしょうか。そうであれば、夫と一緒に病院に行きたいと思っています。(埼玉・R子)

◇佐貫 葉子(弁護士)

人生案内への相談はこちら
残り:496文字/全文:873文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1599529 0 人生案内 2020/11/04 05:00:00 2020/11/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ