[人生案内]窓口業務 人が怖くなった

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女性公務員。2年前から窓口業務を担当しているのですが、嫌な思いをすることが多いです。

 窓口には様々な人がやって来ます。いきなりどなりつけてきたり、理不尽なことを言ってきたりする人も少なくありません。嫌な思いをする日々を過ごしているうちに、すべての来訪者を「この人もどなるのでは」と、怖く感じるようになってしまいました。

 幸い、職場の人間関係は良好で、同僚とは励まし合っています。上司も「頑張ろう」と言いますが、励まし合うだけでは乗り越えられなくなりつつあります。

 さらに困ったことに、最近では、歩いているときに通りすがりの人から道を聞かれることすら恐怖に感じてしまうのです。いけないと思いつつ、知っている道でも「わからない」と答えてしまいます。

 他人は変えられないが自分は変えられる、とよく聞きます。どのような心持ちでいれば来訪者や知らない人を怖いと感じなくなるでしょうか。(千葉・S子)

 ◇海原 純子(心療内科医)

人生案内への相談はこちら
残り:441文字/全文:859文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1646178 0 人生案内 2020/11/23 05:00:00 2020/11/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ