読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]50年経ても忘れ難い 福島の彼

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の主婦。50年以上たった今も忘れられない人がいます。

 ワイシャツの縫製工場で知り合い、お付き合いするようになりました。昼休みには近くの水門で、仕事の後は駅で待ち合わせて公園へ。福島が故郷の彼は20歳、私が17歳。とても幸福な日々でした。でも別れの言葉もないまま、急に連絡が取れなくなったのです。今も大好きで忘れられません。何十回と夢に見ました。

 東日本大震災の後、津波で彼が流されてしまう夢を見て以降は、一度も夢に現れてくれません。2011年から毎月11日には思い出の水門へ行き、川の静かな流れを見ていると、楽しかった日々が思い出されます。

 来年の3月11日で丸10年。今後どのような気持ちで生きていったらいいのか、アドバイスをお願いします。夫のことは好きでも嫌いでもありません。(千葉・H子)

◇野村 総一(精神科医)

人生案内への相談はこちら
残り:482文字/全文:849文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1672958 0 人生案内 2020/12/04 05:00:00 2020/12/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)