読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]都会に出るべきか迷う公務員

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女性公務員。都会に出るか、このまま地方で暮らすかで迷っています。

 もともと田舎の出身で、進学を機に長野に来てそのまま就職。長野は空気も食べ物もおいしくて、とてもいいところです。

 でも最近、不便さも感じ始めました。取得したい資格があるのに学べる学校が近くになく、都会に住めばすぐ行けるのに、と思ってしまいます。また、ある習い事がしたいと思っても、その教室は県内にはほとんどない。私は美術展の鑑賞が好きなのですが、大きな展覧会は都会で開催されることが多いです。

 とはいえ、都会で生活するには今の安定した仕事を辞め、コロナ禍で厳しくなっているという転職活動を経なければなりません。今より高い家賃や物価で生活していけるか。通勤ラッシュや治安も心配です。

 心の中では「今行かずに一生後悔するくらいなら、失敗してもいいから都会に出てみた方がいいのではないか」と思っていますが、勇気が出ません。どうかアドバイスをお願いします。(長野・I子)

◇出口 治明(大学学長)

 もうあなたの答えは出ています。

 この欄でも僕は何度も述べていますが、人生は「トレードオフ」。岐路に差しかかったときは、どちらか一方の道を選ばなければならないのです。

 人生のほとんどはトレードオフで、何かを選べば別の何かは諦めなければなりません。

 あなたの悩みは典型的です。長野での安定した生活と仕事。都会でのチャレンジ。どちらも得ることはできません。いいとこ取りはできないのです。

 あなたは今、緑豊かな長野で何不自由なく暮らしているようですね。でも、都会で学校に行って学びたい、という希望を抑えきれなくなっている。

 僕は、つまらない人生は何かと考えると、死ぬときに「あれをやっておけばよかった」と後悔するような人生だと思っています。

 チャレンジしてください。「勇気が出ません」は、甘えです。失敗したら長野に帰ればいいじゃないですか。本当はすでに、あなたの心の中で答えは出ている。応援します。

人生案内への相談はこちら
残り:402文字/全文:838文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1768676 0 人生案内 2021/01/14 05:00:00 2021/01/19 12:56:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)