読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]施設の父に何かしたい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の自営業男性。特別養護老人ホームに入所している100歳を超えた父に、新型コロナウイルスの影響でなかなか面会できなくなり、心配です。

 以前は、父の昼食時に私が介助していました。ところが、コロナ禍で面会謝絶に。週に1回、ホームの入り口で父の容体を尋ねる日々が続きました。

 昨年11月に面会が可能になり、久しぶりに会った父はかなり痩せていて、昼食介助できなくなった影響だと思うと父に申し訳なくて、体をなでて心で謝りました。私が帰る時、ずっと手を振って見送る姿が忘れられず、切ない気持ちです。

 父にはその後、3回は会えましたが、この状況下でなかなか面会も昼食介助もできません。なぜ息子が昼食介助に来られなくなったのか、父にわかってもらう方法があればご教示お願いします。(神奈川・G男)

 ◇野村 総一郎(精神科医)

人生案内への相談はこちら
残り:479文字/全文:839文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1810330 0 人生案内 2021/02/01 05:00:00 2021/02/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)