読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]社会人なのに両親が干渉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の男性国家公務員。両親との関係について相談します。

 他人からは、私と両親は仲が良いと言われます。しかし幼い頃には、今思えば虐待と言えるほどの過剰なしつけを受けていました。社会人になっても、車を購入すると言うと「ダメだ」、懇意にしている女性との未来を考えた時も「許可しない」。いまだに両親は私を掌握し、親の言いなりの人間にしようとしているように思います。

 自分では、一人で生計を立てている立派な社会人だと思っていますし、この年齢になって親の顔色をうかがいながら生活したくない。私の人生は私のものであり、親であっても干渉されたくない。と言ったら「誰が産んだと思っているのか」と詰問されるなど、両親とけんかになりました。

 実家と疎遠になりそうです。どうしたらいいのでしょうか。(兵庫・J男)

 ◇大日向 雅美(大学学長)

人生案内への相談はこちら
残り:510文字/全文:874文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1914259 0 人生案内 2021/03/17 05:00:00 2021/03/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)