読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]手作り総菜 お裾分けに困惑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 30代の主婦。ご近所のお裾分けに困っています。

 新型コロナウイルスの感染対策で、ご近所の方々とのお裾分けやお土産は、今は既製品に限ったやり取りとなっています。しかし、ある50代の男性は、手作りのおかずを持ってきてくれるのです。どうやって作ったものかもわからず、このご時世では正直、抵抗を感じます。

 真夏にわが家が留守にしていた時には、「置き配」用に設置している宅配ボックスに、煮物を入れた器がラップも蓋もせずに入っていたこともありました。事前に「いる?」と聞いてくれたら断りようもあるのに、受け取る前提で持ってくるのです。「ごめんなさい」と思いながらこっそり捨てています。

 その人は食材にこだわっているらしいのですが、家族はあまり食べないそうです。「お裾分けメインなんだけどね」と言っていて、自分たちで食べればいいのにと思ってしまいました。角が立たない断り方はあるでしょうか。(神奈川・S子)

 ◇野村総一郎(精神科医)

人生案内への相談はこちら
残り:456文字/全文:870文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1982709 0 人生案内 2021/04/14 05:00:00 2021/04/14 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)