読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]感染拡大地からの帰省 望む父

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女子学生。新型コロナウイルスの感染拡大防止で、県境を越えた移動の自粛が呼びかけられているのに、単身赴任の父が大型連休中に帰省すると言うので困っています。

 父のいる地域は今、新規感染者数が多いから帰省は控えてほしい、と言っても聞き入れません。むしろ冗談交じりに「それは差別だ」と返してきます。もし感染したら医療従事者に負担がかかると母が言ってもダメ。父の会社では感染者が出たらしいのに、父は自分が感染することはないと思い込んでいるようです。

 帰省して自宅待機するならまだしも、映画を見に行こうと私を誘います。「帰らせてくれよ」と懇願する父の気持ちもわかりますし、家族のために仕事を頑張ってくれる父には感謝していますが、そんな父に帰省を控えてほしいと言うのは差別なのでしょうか。価値観の異なる身内にどう対応したらよいか、ご教示ください。

 (広島・K子)

◇野村総一郎(精神科医)

人生案内への相談はこちら
残り:458文字/全文:853文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2019081 0 人生案内 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)