読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]30年前の性被害 自己嫌悪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代の主婦。約30年も前の不快な記憶に今も苦しめられています。

 ある日、1人で映画館に行きました。大人気の映画で、館内は家族連れやカップルでほぼ満員。私は後方の席に座りました。

 映画が始まってしばらくすると、私の膝に隣席の男性の手が触れました。その男性は家族連れで、触ったのは偶然だろうと思っていると、次第にはっきりと触ってくるのです。手を押し返してもやめません。「やめてください!」と声を出そうと思いましたが、騒動を起こすと他の人にも迷惑がかかると思い、言えませんでした。映画が終わると、私は逃げるように映画館を後にしました。

 その映画は今も人気で、時々テレビでも放映されます。私も大好きなので見ますが、不快さもよみがえり、嫌な気持ちになります。あの時なぜ「やめてください!」と言えなかったのか、言わなかったのか。その映画のタイトルを目にする度、自己嫌悪に陥ります。

 映画と嫌な思い出を切り離すことはできないのでしょうか。(大分・R子)

◇海原 純子(心療内科医)

人生案内への相談はこちら
残り:406文字/全文:845文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2023174 0 人生案内 2021/05/01 05:00:00 2021/05/01 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)