読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]コロナで破局 執着残る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女子学生。コロナ禍を巡る価値観の相違で彼と別れました。私の妹はそんな私が理解できないようで、いら立ちを感じます。

 私は、コロナに感染した場合の家族やアルバイト先への影響を考え、外出は控えたいと考えますが、彼は外出して経済を回すべきだという考えでした。私から別れを告げたものの執着は残り、今も涙が流れます。

 一方、私の2歳下の妹は、大学のサークル活動で外出したり外泊したり。先日は「彼氏と温泉に旅行する。家族には友達と行くことにしているから秘密にして」と打ち明けてきました。私だって彼と行きたかったのに、妹はこのご時世に家族をだまして行くなんて。私は周りのことを考えて我慢しているのに、自分勝手な妹が妬ましくなります。

 私と彼の破局に無関係な妹を妬ましく思う自分が嫌です。どうしたらいいでしょうか。 (群馬・D子)

 ◆海原 純子(心療内科医)

人生案内への相談はこちら
残り:499文字/全文:878文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2044265 0 人生案内 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)