読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]しゅうとめと父が認知症

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代の女性。派遣社員です。しゅうとめと私の実父がそれぞれ認知症のため、悩んでいます。

 再婚後、10年ほどの結婚生活を経て、主人は病気で他界しました。私たちの再婚には大反対だったしゅうとめは、今では90代。認知症の診断を受けているものの、一人暮らしを続けています。主人は一人っ子だったので、しゅうとめの世話を頼める人はいません。

 さらに、私の父も認知症です。でも、こちらも何とか一人で生活できています。とはいえ、今後のことを考えると、私も仕事をしなければ生活できませんので、しゅうとめと父にはサービス付き高齢者向け住宅などに入居してもらいたいのです。しかし、いずれも首を縦に振ってくれません。

 私ひとりで2人を世話し、みとる自信はありません。精神的にも厳しいです。静観するしかないのでしょうか。(大阪・M子)

◇最相 葉月(ライター)

人生案内への相談はこちら
残り:495文字/全文:866文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2110519 0 人生案内 2021/06/09 05:00:00 2021/06/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)