読売新聞オンライン

メニュー

[人生案内]1人でしゅうとめ介護 不安

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代の女性公務員。90代で要介護のしゅうとめと2人暮らしです。主人は単身赴任で年に数回しか帰らず、主人の姉は実家近くにいるくせに介護に関わらず。あと何年、私1人の介護が続くのか、不安になります。

 しゅうとめは認知症で車いす生活ですが、デイサービスやショートステイを利用してもらい、私は仕事を続けることができています。でも高齢なので急に寿命を迎えるかもしれません。それが家で2人きりの時だったら冷静に対処できるか不安です。主人や主人の姉に責められるのではないかと考えるとさらに不安です。

 その一方で、このまましゅうとめが100歳を超えて生きるとすれば、私は仕事で定年を迎えてなお介護を続けることになり、それもつらい。主人はずっと、しゅうとめの介護は私に任せきりだろうと思います。

 どう思ってこの介護生活を過ごせばいいのか、アドバイスをお願いします。(埼玉・D子)

◇久田 恵(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:466文字/全文:862文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2150249 0 人生案内 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)