読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[人生案内]高校進学先 悔い残る40代

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 40代のパート女性。高校受験での選択を今も後悔しています。

 高校を卒業して20年以上になりますが、今でも「本当に行きたい高校は、もう一つレベルの高いところだった。周りに流されることなく、自信をもってその高校を受験すればよかった」という後悔が消えません。

 幸い、高校受験の後悔をバネに、大学は第1志望に合格できました。それに、どの高校に行ったとしても結局、実りある3年間を送れるかどうかは自分次第です。いつまでも過去に固執しても仕方ない、と頭ではわかっています。

 でも、出身の高校を誇りに思うことができている人たちを見ると、コンプレックスが刺激されるというか、羨ましい気持ちでいっぱいになってしまうのです。

 本当に行きたかった高校への思いに、どう折り合いをつけたらいいのでしょうか。

 (熊本・U子)

◇いしいしんじ(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:506文字/全文:873文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2178560 0 人生案内 2021/07/05 05:00:00 2021/07/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)