読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

亡き両親と確執 妹にも怒り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 70代の男性自営業。他界した父母への思いにとらわれています。

 私は異常 分娩ぶんべん で生まれ、世話をしてくれたという祖母は数か月後に死去。父母は何かというと私を責め、たたき、祖母の死を「お前のせいだ、この人殺し野郎」とののしり、妹まで私を「あのバカ」と罵倒。私は耐え、進学も就職も父母の意向に従いました。

 結婚して実家とは関わりを絶ったものの、私から折れて再会。父母を贈り物や外食でもてなしたのですが、やはり無理があって再び関わりを絶ちました。でも母は私に、子どもの頃のことを「悪かった」と謝罪してくれました。

 父の他界後、病気になった私を母に会わせようと、私の長男と長女が尽力してくれたのですが、妹は「不動産の持ち分を無償で譲れば母に会わせる」と。会えぬまま、母が死んだと知人から聞きました。

 妹を許せない、腹立たしい気持ちがふつふつと湧いて、胸が苦しくなります。家族のことを私はどのように考えたらいいのでしょうか。(千葉・G男)

◇出久根 達郎(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:427文字/全文:867文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2222261 0 人生案内 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)