[人生案内]コロナで母みとれず後悔

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 60代の無職男性。新型コロナウイルス感染拡大の影響で母をみとることができず、今も苦しいです。

千葉県の熊谷知事がコロナ感染…朝に38度の発熱、テレワークで公務継続

 母は昨年5月、急性心不全で亡くなりました。年齢的には90代だったので大往生と言えますが、コロナ禍のために私は母をみとることができなかったのです。

 母はコロナ患者ではありませんでしたが、救急搬送されると私たち家族は病院内に入ることも許されず、結局、母をみとったのは医者でした。母の最期にはしっかりと寄り添い、手を握り、感謝の思いとともに見送ると何年も前から心に決めていたので、悔しくて残念で仕方がありません。コロナさえなければ、との思いが日々強くなります。

 私の周囲の人たちは「コロナ禍は天災だと思ってあきらめるしかない」「骨は拾えたのだからそれで良しとするべきだ」などと言いますが、私はどうしてもどうしても納得できません。そして、コロナをまんえんさせた国に対し、無性に腹が立ちます。

 私はどうしたら心安らかになれるのでしょうか。(広島・J男)

  ◇出久根 達郎(作家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:416文字/全文:854文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2288698 0 人生案内 2021/08/17 05:00:00 2021/08/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)