[人生案内]障害者揶揄の婚約者に失望

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20代の女性会社員。障害のある家族をもつ婚約者が、障害者を 揶揄やゆ する発言をしました。心底驚き、悲しい気持ちです。

 彼からそんな言葉を聞くのは初めてで、思わず問い詰めてしまいました。彼は「軽い気持ちで言った。冗談」と謝りましたが、私が泣くと「なぜそんなに許せないのか。人格を否定された。最低な人間だと思われ続けるくらいなら婚約破棄だ」と怒り出しました。

 今後発言には気をつけるとも言っていますが、以前も彼の発言に「それは失礼なんじゃないの」と指摘したことがあります。誰かを傷つけることを軽はずみに言う一面があると、今回はっきりわかりました。冷静になりたいと告げ、しばらく連絡を取っていません。

 彼に失望している自分がいますが、お互いの欠点を許せなければ結婚生活はうまくいくはずもありません。なかなか許せない頑固な自分に腹が立ちます。この気持ちをどう整理したらいいのか、ご教示ください。(北海道・F子)

◇海原純子(心療内科医)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:437文字/全文:862文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2430258 0 人生案内 2021/10/09 05:00:00 2021/10/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)