[人生案内]いじめの憂さ晴らし 息子が盗み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代の自営業男性。中学1年生の息子について相談します。

 息子は中学受験に失敗して、近くの公立中学に通っています。最近、模型など息子の私物が急激に増えたことを不審に思っていたのですが、妻の部屋にしまっておいたお金を持ち出したことがわかりました。

 厳しく叱り、「もうやらない」と約束させたのもつかの間、再びお金を、しかも何十万円も盗み出したのです。

 問い詰めると、学校で言葉のいじめを受けていました。その憂さ晴らしに、お金を盗んでゲームセンターで浪費したり、欲しいものを買いあさったりしたと告白しました。いじめの件は担任やカウンセラーに相談し、息子には学校を休ませています。

 ためらいもなく大金を持ち出した息子に 愕然がくぜん とすると同時に、将来がとても心配になりました。物を盗んでしまう病気もあると聞き、受診も検討しています。ご助言いただければ幸いです。(神奈川・W男)

◇野村 総一郎(精神科医)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:451文字/全文:862文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2448707 0 人生案内 2021/10/17 05:00:00 2021/10/17 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)