[人生案内]祖母・父の約束 果たすべきか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 50代の男性会社員。1年前に父が亡くなり、長男である私が土地家屋と田畑を相続しました。ところが父の弟である叔父によると、半世紀前に私の祖父が他界した際、父以外の子どもに相続放棄してもらう代わりに、「毎年収穫したお米を渡す」と祖母が約束したそうです。父からも聞いたことのない話でした。

 約束は叔父らが死ぬまでとのこと。1人あたり年に約60キロのお米です。昔は農業で収益もあったのでしょうが、今の時代、お米を作っても赤字。父はかなり無理をして約束を果たしていたのだと思います。

 私たち一家は子どもの学費などまだまだお金がかかります。農業の赤字の穴埋め、古い家屋の修理、税金もあり、家計は全く楽ではありません。叔父は田んぼの手伝いをしてくれますが、約束のお米を渡すのをやめるとギクシャクするでしょうか。亡き祖母、父の約束を私が果たさなければなりませんか。(富山・U男)

 ◇ 佐貫 葉子(弁護士)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:493文字/全文:892文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2494998 0 人生案内 2021/11/05 05:00:00 2021/11/05 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)