[人生案内]吃音を叱責された屈辱

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 役所を定年退職した60代の男性。 吃音きつおん のある私は、職場でつらい経験をしてきました。

 役所を挙げた接遇研修で、電話応対をマニュアル通りにする、というものがありました。例えば、ベルが3回以上鳴ったら「お待たせしました」をつけることが徹底されます。第一声を統一すれば、職員教育ができているとほめる人もいるのですね。

 吃音がある者は決められた言葉が言えず、マニュアル通りの対応ができませんでした。私は上司から何度も 叱責しっせき され、職場内で大声を出されたことも。その上司は教育熱心な管理職だとして幹部に昇進しました。

 不合理でひどい叱責を受けた屈辱が忘れられず、つらい思い出としてよみがえって苦しいです。忘れてしまえばいいのですが、どうしたら気持ちを収めることができるか、ご教示お願いします。(兵庫・Y男)

  ◇いしいしんじ(作 家)

回答者別・ジャンル別に見る 人生案内への相談はこちら
残り:501文字/全文:887文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「人生案内」の最新記事一覧
2516118 0 人生案内 2021/11/13 05:00:00 2021/11/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)